旧くらしケア代表のブログ(noteに引越しました)

障害者の親なきあと問題の解消を目的に株式会社くらしケアを設立。精神障害者の地域包括ケアなど、精神科訪問看護を軸に総合的な支援を展開しています。最終的な目標は誰もが暮らしやすい偏見のない社会の実現と、途方もないことを思ってます。大腿義足ユーザー、がんサバイバーでもあります。 メッセージボードもご覧ください!

カテゴリ: 厳選記事


看護師の転職紹介サイトから毎日のように電話がかかってきます。

それも1社だけでなく数社から。

スタッフは日々の業務が忙しくて大変なのに、転職紹介サイトを始めとするセールスの電話に頻繁に時間を取られる様子を見ると、悲しい気持ちと同時にうんざりします。

ただ、たまに熱意のある人にほだされて、無下にもできないと思って話しを聞いてしまうこともあります。

で、そんな流れのなか、転職紹介サイトの斡旋で面接することになりました。

昨日、名古屋支部の事務所でお会いしましたが、話しを聞けば聞くほど残念な気持ちになりました。

というのも、昨日の求職者の方は本当に素晴らしい方でした。

なのに「ぜひくらしケアを紹介して欲しい」と転職紹介サイトの営業マンに自らお願いしていることが判明したからです。

その発言を聞いて思ったのは「そんなんだったら直接連絡くれたらいいのに・・・」という感想。

うちの部長と思わず目を合わせてしまいました(涙)


なぜならこの方がホームページ経由やハローワーク経由での応募でないから。この判断ひとつで転職紹介サイトの会社に多額の手数料を払わなければならないからです。


実はこれ、「転職紹介企業の求人あるある」なのですが、看護師の方は、我々のような企業との接点が無いからといった理由で転職紹介企業を頼るようです。

しかし私たちのような企業や団体、医療機関も転職紹介企業との接点は最初からまったくありません。



仕組みを説明します。


例えばくらしケアがハローワークに求人を出します。

すると、その情報をチェックした転職紹介サイト運営企業から電話営業が始まります。

そして、「看護◯◯」といった転職紹介サイトに登録した看護師の方の情報を電話口で紹介されて「ぜひ御社をと希望しているから会ってみないか?」と言われます。

ここまでは良いとしますが、ここから先が問題を感じるところ。

実際に転職が成立した段階で多額のお金が動くのですが、当の求職者の看護師はその事実をまったく知らされていないのは問題だと思うのです。

例えば、転職サイト経由で紹介を受けた看護師を年収400万円で雇う場合、転職紹介企業から100万円を超える手数料が請求されます。

これを不動産取引に例えた場合、取引価格の3%が手数料なので、考え方によっては土地代金3300万円の取引に相当する手数料を払うのと同じことになります。

つまり、転職紹介サイトにとって年収400万円の看護師は、不動産取引における3300万円の土地と同じということです。

そのことを知らないまま面接しているのがアリアリと分かるのですが、これってどうなんだろう?と思ってしまう。

そして昨日もまた同じようにそう思ってしまいました。

ーーーーーーーーーーーーー

そこで私はこのように考えました。

それならば「ウチが転職紹介企業になればいいじゃん」と。

くらしケアが親なきあと問題の解消をテーマに取り組んでいる以上、障害者の就労(AB型を除く)も当然、くらしケアがやらなければならないことだと思いますが、それなら看護師の転職もくらしケアが支援すればいいんだと思いました。

実は職業紹介事業はいつでも開業できるよう資格要件は持っているから開業は可能です。

ならば紹介手数料100万円ではなく10万円で紹介できる事業を起こすイメージでやればいい。

親なきあと問題の解消のため地域看護に関心を持ってくれる看護師を一人でも増やすこともくらしケアの重要な使命のひとつ。

うちの企業グループに転職紹介部門をつくるのはくらしケア立ち上げ前から想定していたことだから、これもいよいよやらなければならないタイミングが来たのかもなと。

そんなことを思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


くらしケアの求人に応募したい方はこちらのブログを読んでから応募してね。

こちらをご覧ください→厳選記事

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?
































社内ミーティングで感じたことを書きたいと思います。

このミーティングは昼礼(ちゅうれい)と呼び、週に一度、訪問系スタッフ全員が集まって話しあうのですが、新規に訪問看護を利用される方の情報をスタッフ間で共有する場面で聞いた内容は、もはや訪問看護の域を超えていると思いました。

どういうことかというと、「ご利用者様の病気や障害をどうケアするか?」というレベルを超えて、「ご利用者様の今とこれからの生活全般にどう対処すれば良いのか?」というレベルで情報共有が行われているのです。

病気やケガを治すための訪問看護なら、病気やケガを直せば良いわけですが、スタッフが考えてるのは、どうすればご利用者様とご家族が自分らしく生きていけるかで、病気や障害以外のあらゆる課題に目を向け、総合的に課題解決をしようとしているのです。

例えば、お金の問題があればお金の問題をどのように解決すればよいかを一緒に考える。

法律の問題があればどのように法律の問題を解決するのかを考える。

就労の問題があればどうすれば就労できるのかをさりげなく導くように解決できるようにする。

単なる病気や障害のケアを超えたレベルでの情報共有がなされているのです。

ここまで考える訪問看護ステーションが他にあるなら教えて欲しいけど、たぶん無いんじゃないかな。

61ca3b0553b6a487c0108515a435333b_s
※この画像は特に意味はございません。かわいかったから載せました。


私はよく「くらしケアは訪問看護の団体ではない」と発言するのですが、昼礼の光景を見て、いままでの表現が間違っていたなと気づきました。

正しくは「訪問看護を超えた存在の看護師が在籍する団体」で、ずっとこれが言いたかったのはコレだと気づきました。

そこで思ったのは、訪問看護師という職業がすべての人にとって「看護師の憧れの存在」になるようにしていきたいということです。

大げさでもなんでもなくそう思います。

また、看護師資格には認定看護師のような上位資格もありますが、それと同じように、くらしケアの訪問看護師が取り組んでいることは訪問看護の域を超えたもので、それにふさわしい「新たな職業名」があっても良いのではないかと。

どんな「新たな職業名」がふさわしいかは思いついてないのですが、こんなに素晴らしい姿勢で働くスタッフが居ること、そしてそれを世に広めることで「訪問看護師はカッコいい存在」「看護師が憧れる存在」に昇華したら素敵だなと思いました。

話し合われていた内容は、ご利用者様の人生がより良いものに、そして幸せになって欲しいと心から願うスタッフの思いがところどころに垣間見えました。

看護師免許を持つ人は全国に160万人いますが、そのうち訪問看護師は5万人しかいません。でも残りの155万人の心を動かす人たちがくらしケアにはいます。




ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?
























金曜の夜、くらしケアの訪問看護スタッフがとても素敵な報告をしてくれました。

社内情報につき詳細は書けませんが、くらしケアが目指している世界観を、実践を通じて実現してくれていることに目頭が熱くなりました。

人は誰かに指示されても腹落ちしなければ心からは動けない。どんなに苦境に置かれても、自分から立ち上がろうとしない限りは、その人が持つ本当の力は引き出せないものです。

そのことは過去の自分に重ねてみても思う。

何の希望も見いだせない日々は落ちていくばかりですが、立ち直るきっかけや支援を受け入れられるようになった瞬間に出会えると、人は自分らしさを取り戻せる可能性が広がります。

それは本当に小さな小さなきっかけでしかありません。

ただ、そうしたきっかけや支援を通じて利用者様をリカバリーに向かわせるには、いくら技術が高くても声かけをしても変わらないものです。

それは自分自身の経験からもそう思います。

もっとも大切なのは心じゃないかと思う。その人の幸せを心から願うなど、心と心で通じ合うものがないと、たぶん人は変えられないような気がします。

スタッフとご利用者様とのあいだにある信頼関係を超えて、心と心が通じあったからこそ生まれた瞬間だったんじゃないかな。

心が動くと人は動けるから。

08c2d95bb0cc9838144562b77128cf54_s


スタッフの素晴らしい仕事ぶりを受けて思うのは、経営者として掲げた理念やミッション、ゴールの達成に、もっと心を込めなければ、ということ。

「くらしケアは、何のために、誰のために、なぜ存在するのか?」

「ご利用者様は、なぜ、今、数ある会社のなかで、当社から、サービスや支援を受けなくてはならないのか?」

これを愚直なまでに問いかけるのです。

そして理念やミッション、ゴールに社会性を持たせ、地域社会への役割を明確にする。

看護の力を発揮できる舞台を整えるとともに、ご利用者様の明日が待ち遠しくなる事例を、ひとつでも多く増やしたい。

あらためてそのように思いました。



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?





【追記】2019年11月現在、体験希望の方は、事前面談(面接)をお願いしていますのでご了承ください。


***************



「訪問看護に興味はあるけど私にできるか自信がない・・・」

これってよく聞く言葉です。



求人情報には「未経験可」と書いてあるけれど…本当に自分に務まるかは中に入って実際にやってみないと分からないのが正直なところですよね。

くらしケアは3年前に2人で始め、現在では26名(うち15名が看護師)のメンバーが在宅で暮らす人たちの支援を行っています。

岐阜エリア最大の独立型訪問看護ステーションになりました。メンバーからは働きやすさや社風、訪問看護のやりがいなどに対して概ね良い評価を頂いています(たぶん…)が、こればっかりは実際に入社してみないと実感できないものです。

「アットホームな職場と聞いて入社したけれど人間関係がギクシャクしてた」「派閥が職場にあり仕事に集中できないない」といった話はよく聞きますが、これもやっぱり「入ってみてやっとわかる」ことですよね?

そこでくらしケアでは新たに体験入社制度をご用意しました。


くらしケアに興味がある、訪問看護が気になっているなど、ちょっとだけ「中の人」になって体験してみたいという方向けに、体験入社制度を2コースご用意しました。

長期コースは報酬あり。正社員として迎えた場合の基本給をベースに日割りでお支払いします。
※短期コースは変更しました。



【短期コース】
◎期間
半日 〜 2日程度

◎条件
正看護師資格のある方
 ※精神科病棟や精神科訪問看護の経験がある方は准看護師の方も可
普通運転免許をお持ちの方(AT限定OK)
喫煙習慣がない方、卒煙する予定の方
書類審査 (看護師免許コピー、簡単な経歴書  ※履歴書でも可)

◎コースメニュー
くらしケアの経営陣に話を聞いてみる
素敵な先輩訪問看護師との同行訪問で在宅の現場を体験
歓迎ランチ(初日)
研修が開催されていれば体験参加

◎こんな方にオススメ
訪問看護を少しだけ体験してみたい方
「なんとなく看護師になった方」以外の方
退院後の患者さんの暮らしがついつい気になってしまう性格の方
今の職場も好きだけど訪問看護がちょっとだけ気になっている方


【長期コース】
◎期間
1週間 〜 最長1ヵ月

◎条件
正看護師資格のある方
※精神科病棟や精神科訪問看護の経験がある方は准看護師の方も可
普通運転免許をお持ちの方(AT限定可)
喫煙習慣がない方、卒煙する予定の方
書類審査 (看護師免許コピー、履歴書)

◎コースメニュー
短期コースのメニューに加えて
昼礼(ミーティング)に参加
などなど

◎こんな方にオススメ
くらしケアは働きやすさを売りにしているが本当かどうかを身をもって確かめたい方
現在の職場の文化や経営層の考えかたが合わない。だから次の勤務先は企業文化が自分に合っているかも踏まえてゆっくり探したい方
勢いで転職したけど失敗した方
職場体験をしながらゆっくり次の仕事を探したい方
体験してみてよさそうだったらそのまま入社したい方

【勤務形態】
9時から18時を基準にフレックスタイム制( 時短相談可 )
希望があれば社保加入可能です

【体験場所】
くらしケア岐阜訪問看護ステーション(岐阜県岐阜市中鶉2丁目15番地1)
または
くらしケア各務原訪問看護ステーション(岐阜県各務原市那加前洞新町3丁目128番地)

体験の応募はお電話またはお問い合わせフォームからご応募くださいませ。

お問い合わせフォームはこちら

※体験入社希望と書いてね☆



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?


















81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s


看護師の方で転職サイトに登録している方は多いようですね。

今回のブログでは「求人側の目線」で転職サイトについて思うことを書いてみたいと思います。

ーーーーーーーーーー

くらしケアは転職サイトからのご紹介は受けない方針で求人活動に取り組んできました。

理由はいろいろありますが、仮に転職サイトから看護師の紹介を受けて就職が決定すると、転職サイト運営会社に想定年収(正確には理論年収と呼ぶ)の25パーセントほど払わなければならないのですが、金額が高額すぎると感じるのが主な理由です。

例えば、想定年収が400万円の場合は100万円(税別)、500万円なら125万円(税別)を払わなければなりません。

これは小規模な訪問看護ステーションでは厳しいと思いますし、比較的大きな病院であってもけっこうな出費です。

転職サイトの仕組みは、

1.転職サイトに看護師が登録。転職希望者を集客する。

2.転職サイトがハローワーク等の掲載求人をインターネットで集める。

3.上記1.で集客した看護師に、2.で集めた事業者の求人情報を紹介。

簡単にいえばおおむねこんな流れです。

これで就職が実現すると、あなたの就職先は転職サイト運営会社に多額の費用を払います。

もともとハローワーク等の転職情報を使っているに過ぎないので、転職希望者が直接、求人事業者に応募すればよいのですが、転職サイトを介するだけで転職サイト運営会社に多額の費用を払うことになるわけです。

図にするとこんなイメージ。

看護師 ⇔ 転職サイト ⇔ 病院やクリニック
      (手数料)

看護師 ⇔ ハローワーク ⇔ 病院やクリニック 
       (無料)

もし短期間で辞めたら在籍期間に応じて返金されるようですが、転職後に定着するかどうかはわかりません。

したがって辞めてしまったらいくらかの損失は発生します。

ーーーーーーーーーー

転職サイトの実態はいってみれば仲介業。

売りたい人と買いたい人をつなぐ仕事だから構造はまったく同じです。

私は不動産仲介業で働いてきた経験が長いですが、例えばアパートの部屋探しのお手伝い(賃貸仲介)でもらえる手数料は家賃の1ヶ月分と法律で決まっています。

家賃は5万円なら5万円に消費税が受け取れる報酬の上限で、いくつもの部屋を紹介しても上限は決まっています。

他方、不動産の売買仲介の場合、土地を買って家を建てたい方に土地を紹介した場合の手数料は、取引価格の3パーセントと法律で決まっています。 
100万円の仲介手数料をいただくには3300万円の土地を売ることに匹敵するし、125万円の仲介手数料なら4160万円の土地取引に匹敵しますが、これほど大きな土地取引きの手数料と同等ということを意味します。

個人で3000万4000万円もする土地を買って家を建てる人は、岐阜の地域ではほとんどいないと思いますが、この100万円、125万円がいかに高額かはなんとなくご理解いただけるのではないかと思います。

ーーーーーーーーーー

ここからは私個人の考えです。

転職サイトに100万円払うなら、スタッフが喜んでくれることに充てたい。

100万円あれば、新しい事務所を開くことだってできますから、そっちに使いたい。

そう思います。


別に転職サイトの存在を拒否しているわけではありませんが、不動産仲介の経験者からすると、転職サイトの報酬は業務内容の割には異常に高いと感じます。


不動産は「モノ」です。そして取引にかかる手数料は消費者に明確に提示します。


看護師は「モノ」ではないうえに、手数料が支払われるかは明確にされぬままモノゴトが進む。

私はこの点にどうしても違和感を感じてしまうのです。

もちろん、ハローワークの情報では心もとないという声も聞きますし、転職サイトを利用する安心感やメリットも一定では理解していますが、それでもあなたがくらしケアに興味を持っていただけたのなら、仮に転職サイトに登録済みであっても、くらしケアへ直接ご連絡いただきたいと、そんなふうに思います。

くらしケアホームページ


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?




























腐りきった私の心を変えた看護師とのエピソードはブログや講演でたびたび触れていますが、改めて書いてみたいと思いましたので記事にします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


検査で訪れた岐阜大学病院の廊下で久々に会った看護師の中村さんに対し、不平不満を言ったことがきっかけでした。

「オレなんて生きてても仕方がない」と言ったのです。

検査を受けたところで再発が見つかれば死を意味するし、同じ病棟で過ごした同世代の患者仲間が亡くなるのを目の当たりにしてるから、いつも死が隣にありました。

仮に、運良く再発しなくても、こんな身体でどうやって生きていけば良いのか皆目検討もつかないから未来に希望など見いだせません。

当時はいつも「なんでオレなんだ」「なんでオレがこんな目に遭わなきゃいけないんだ」と思ってたし、「こんなオレを産んだ親が悪いんだ」とか、学校が悪い、世の中が悪いとか、すべてを自分以外の周りのせいにしていました。

心が完全に腐りきっていたのです。

そんな私を見た中村看護師が悲しい目をして「手術の前夜に自分に負けないでと言ったことを覚えているか」といわれたことで、再起が始まりました。

確かにそう言われたことは覚えています。

だけど病床で言われたときはまったく意味が理解できませんでした。

長い入院生活を終えて退院を見送った10代の患者が久々に会ったら腐りきっていた。

そんな私を見た中村看護師はきっと悲しかったと思います。

中村看護師以外にも入院中に関わってくださった看護師は何名もいますが、当時の私を見たら誰でも残念に思うほど、どうしようもない人間になっていたと思います。

自分の置かれた不遇を自分以外の何かのせいにするだけの日々でしたが、仲間は死んでも私は生きている。

なのに、抑えきれない怒りや悲しみから逃げるだけで、自分自身と向き合おうとしなかったのです。

このエピソードは17歳も終わるころの話です。

闘病生活が始まったのは16歳の誕生日を迎えたときなので、気付くまでに2年近くもかかりましたが、あの再会がなければまた違った人生だったように思いますし、ひょっとしたら生きてなかったかもしれないとすら思います。

あの再会で私は変わることができました。

私が変わるということは、心配していた家族が安心することを意味します。

だから本当に感謝でしかありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

balloon-1046658_640



この私のエピソードは地域にたくさんいる障がい者の、たったひとつのエピソードに過ぎません。

でも、いまこの瞬間も、出口が見えないトンネルのなかで苦しんでいる障がい者とその家族がたくさんいます。

私はいま、くらしケアという会社を経営しています。

そして、多くの看護師やその他の仲間とともに活動しています。

当時の私が看護の力で救われたように、仲間を通じて多くのご利用者様の明日が希望に満ち溢れたものに生まれ変われるようにできたら私自身が存在した意味があるかもしれない。

看護の力が最大限に発揮されるように。

そしてより多くの人に手を差し伸べることができるように。

生きることを決めるのは自分です。

くらしケアの主役は看護師や、看護サービスを提供する仲間たちです。

私は役員とともに経営の舵取りをしっかりと行うことで、ご利用者様のお役に立つことができたらと考えています。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?























医療的ケア児の増加に伴い生活上の課題が顕在化しています。

例えば保育所へ通えないとか、普通級の学校に通えないとか。

その影響を受けて親が思うように働けないなど社会参加できないといった問題も起きています。

これらの問題はくらしケアの事業立ち上げ前から認識してて、自分たちにも何かできないかと思ってて。

解決策のひとつとして放課後等デイサービスなどのいわゆる「制度サービス」を立ち上げて対応する方法を考えていました。

約3年が経ち、ようやく立ち上げたのが障害児通所支援事業のここぱーく。

重症心身障害児(以下重心児)向けデイサービスの仕組みを活用して立ち上げましたが、実際に始めてみると理想と現実のギャップがあり、微修正しながら運営しています。

9月から重心児向け児童発達支援の制度を活用したサービスも立ち上げましたが、これも微修正した結果で、顧客ニーズにあわせて変化させています。

重心児向けの制度サービスを活用する理由は、発達障害などの一般的な放課後等デイサービスと比べて報酬単価に約3倍もの開きがあるからですが、重心児向け制度サービスを始めるため看護師や保育士など専門的な資格を持つスタッフの雇用が義務付けられていますし、定員は1日5名と一般的な放課後等デイサービスの定員10名の半分で運営しなければなりません。

報酬は3倍でも運営に必要な支出に見合う報酬設定のため、いわゆる「儲かる」というものからは程遠く、重心児が毎日5名通ってくれてようやく採算が合うという制度設計となっています。

そこで問題になるのが医療的ケア児を預かる場合の事業所に入る報酬の問題です。

実は、医療的ケア児の報酬は少なく、重心児とは見られないこともあるため、事業所に入る報酬は重心児の3分の1。

発達障害や知的障害のお子さんが通う一般的な放課後等デイサービスの報酬単位とほとんど変わりません。

医療的ケアの必要なお子さんは言うまでもなく医療的ケアが必要ですから、看護師の配置は当然に必要で、運営にはそれなりに人件費がかかります。

しかし事業所が受け取れる報酬が少ないため医療的ケア児を預かるインセンティブが働かない現実があります。


その結果、現場で何が起きるかといえば「利用者の選別」が起きます。

A君は預かるけどB君は預かれない、ということです。

重心児判定が出ない医療的ケア児は一般的な放課後等デイサービスと変わらない報酬のため、事業所は積極的に受け入れようとはなりにくいのです。

そんななか、なぜくらしケアが医療的ケア児を迎え入れるのか?

その答えはただ単に「必要だから」としか言いようがなく、うちがやるしかないと思ったからです。

自ら掲げる事業のテーマに「世の中に足りてないものをつくる」というものがあります。

現在展開する精神科訪問看護もこの考え方に沿ったものですが、実は『ここぱーく』もこのテーマに沿い、つくる必要があると経営サイドで判断してつくりました。

中小零細企業の場合、報酬が低い医療的ケア児を迎えれば経営は大変だから受け入れが進まないのはある意味で仕方がないと思いますが、会社が大きければ大きいほど全体で採算が取れていれば良いという考え方が成り立ちます。

大きな会社になれば、CSR的な発想で健全な赤字部門があっても良い、というのが私の考えです。

※CSRの意味はこちらを参照してください。

もちろんくらしケアはまだ小さな会社なので出来る範囲でしかやれません。

しかしここぱーくに通ってくれているお子さんの笑顔に私もスタッフも癒やれ、お金には変えられない素敵な報酬をたくさん受け取っています。

それに、親御さんに喜んでいただければ良い評判を生んだり信用が高まるでしょうから会社経営にマイナスはひとつもないと思うのです。

IMG_4982
※誕生日にサプライズのお祝いをしてくれたスタッフと子どもたち。この笑顔がプライスレス。


ここ数日の震災や台風で大きな被害が出て困っている人が各地にいますが、会社が大きくなれば無償の活動もできます。

例えば経営陣や有志のスタッフがボランティアに出向いても経営に影響しないと思いますし、寄付も大胆に行えます。

しかし中小零細企業のままでは無理でしょう。

くらしケアが大きくなれば多少のマイナスはなんとも思わないようになるはずだし、良いことを行えば、良い人材も集まり良い循環が生まれると思います。

その大前提として、経営者が会社を大きくしたいと考えていることに対してスタッフの理解が必要ですが、くらしケアの理念や目指す世界観が理解できるスタッフは、同じ方向を向いてついてきてくれると信じてます。

加えて、スタッフの物心両面の幸福を実現するためにも会社を大きくするのは間違っていないはずだし、困っている人のためにもむしろ大きくしなければならないと思っています。

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?







































くらしケアの業務を支えているビジネスチャット。

そのチャットには様々なチャットルームがあり、社員同士がインターネットを通じて様々な情報共有が行われている。

くらしケアの立ち上げ時から使用するチャットルームに「今日のつぶやき」があるのだが、このチャットルームは唯一、業務時間外でも利用可能(つぶやき可能)としているチャットだ。

個人的な感想や良かったこと、失敗や悩みなどをいつでもどこでもつぶやくためにスタッフの提案で用意したものだが、昨日の訪問看護で感じたことをつぶやいてくれた看護師の声を転載して紹介したい。


お疲れ様です!
今日は(中略)の訪問でした。お母さんとお話してきました。
花好きの私のためにテーブルにお花を準備して下さっており、そのお花に癒されました。
くらしケアのことも「私達親子にはなくてはならない存在です」今まで自分達が出向かないと行けなかったのに、出向けない事情のある家に出向いてもらえて有難いと感謝しておられました。
皆さんに伝えて欲しいと仰られたので、つぶやいてみました。


投稿には実際に準備された花の写真も添えられていたのだが、このつぶやきを読んでとても嬉しくなった。

仕事のやりがいや報酬は人それぞれかもしれないけど、お客様に感謝されたり、役に立っていると実感できたり、ありがとうと心からの言葉をいただけることがいちばんうれしいと思う。

くらしケアの訪問看護は、岐阜でいちばん「ありがとう」が集まる訪問看護になって欲しいが、きっとそうなると確信した瞬間でした。

d89d452177016101b788f97c4a48295f_s
写真はイメージです。































政府主導でライフワークバランスや仕事と育児介護の両立を図ろうという動きがありますよね。

これに呼応する動きは各所で見られますが、私たちも意識して取り組んでいて、くらしケア立ち上げ準備室の時代からアレコレと実践してきましたが、その代表的なものにフレックスタイム制とICT※の活用があります。

d6acbc5f31ebd13a2a4f94da74763562_s


特にICTは業務を進めるうえで重要な役割を果たしており、社員間のコミュニケーションはチャットツール、ファイルのやりとりはオンラインストレージ。

電子カルテもスマホで行っていますし、タイムカードは場所を選ばないシステムを導入したばかりです。
※ICT(Information and Communication Technologyの頭文字)

くらしケアで使用するチャットツールはサイボウズやLINE WORKS、オンラインストレージはDropbox Businessです。加えてひとり1台のノートパソコン、訪問看護師には正社員とパートの全員にiPhoneを貸与しています。

これらのツールをフルに活用することで場所を選ばず仕事ができていますし、上司や部下、同僚とスムーズなコミュニケーションが取れることで、意思決定のスピードアップと業務効率の向上が実現しています。

実際にどの程度の業務効率アップをもたらしているかは数字でお伝えすることはできません。なぜならほとんどはくらしケアのスタート時から導入しているため、当たり前になっているからです。

ただ、言えることは、くらしケアの働きやすさと成長を支えていることは間違いないと思います。


また、ツールを使ううえで欠かせないポイントはセキュリティ対策だと思います。

企業は個人情報を扱うため厳重な情報管理が求められますが、メールや無料のLINEなどと比べてLINE WORKSやDropbox Businessはセキュリティ対策のレベルがまったく異なるのです。

例えば無料のLINEでアカウント乗っ取りにあい、情報漏えい問題が起きたりしていますが、多くのビジネス用ツールは有料で安くないコストがかかりますが、その分、厳重なセキュリティ対策が掛けてあります。

加えて万一の情報漏えいによりお客様やご利用者様に経済的損失を与えた場合のことも考え、保険を掛けることで、ご利用者様にも社員にも安心して働けるよう環境を整えています。

社員は慣れないツールを覚える苦労はあると思いますので申し訳ないですが、これもひと昔前の電卓やインターネットと同じで、使い慣れてしまえば後戻りできないほど便利に感じてくれるのではないかと思います。

ということで、くらしケアの取り組みについて少しだけご紹介させていただきました。

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?



【補足】
チャットツールとはインターネット上でやりとりされるリアルタイムの掲示板のようなもので、代表的なものにLINE(ライン)があります。

オンラインストレージはインターネット上の倉庫(ストレージ)のようなもの。エクセルやワード、PDFなどのデータを瞬時にやりとりしたり、ひとつの文章を異なる場所で複数の社員が編集することができ、上手に使えばペーパーレス化も実現します。




















7917d2f2ad5c9d6bf729c9a9352c490c_s


先日、ある精神障がいの方の今後について、ご親族の方から新規のご相談を受けたのですが、訪問看護の介入が残念で仕方ないと思える事例でした。

というのも、この方が解決すべき課題は意思決定の支援や金銭管理、生活スキルの向上なのに、一般的な介護保険訪問看護のアプローチで終わっているからです。

ウチが関わればご本人のQOLの向上はもとよりご親族の心配もなくなるのに…と思う相談内容でした。

しかし既に他の訪問看護が介入している以上、私たちから「くらしケアに変わりましょう」とはとても言えない現実があるわけで、かなりジレンマを感じたわけです。


精神科訪問看護は、ご利用者様のエンパワーメント(本来持っている潜在能力を引き出すこと)を発揮させることを目的としており、病状を確認するだけで終わったり、ご利用者様を依存させたりしては問題は解決しないと思っています。

例えば「支出をコントロールできるようになりたい」とか「就労したい」など、ご利用者様の夢や希望を叶えるお手伝いも見据えて行う看護が精神科訪問看護。

介護保険の訪問看護とは似て非なるものなのです。

加えてくらしケアでは親なきあとを見据えた総合的な訪問看護を行っており、一般的な認識の訪問看護とはアプローチが異なります。


精神科訪問看護を行うにはスキルが必要ですし社会資源との連携も必須。

ですが実態は精神科訪問看護算定要件研修を受けた看護師であれば誰でも行えてしまう現実があります。

この相談を受けながら思うのは、もっともっとチカラをつけて、ご利用者様やご家族、関係各所が「精神科訪問看護といえばくらしケアだよね」と言っていただけるようなポジションに立たなければならないということでした。

私たちは、とにかく頑張るしかありません。



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?





























このページのトップヘ