旧くらしケア代表のブログ(noteに引越しました)

障害者の親なきあと問題の解消を目的に株式会社くらしケアを設立。精神障害者の地域包括ケアなど、精神科訪問看護を軸に総合的な支援を展開しています。最終的な目標は誰もが暮らしやすい偏見のない社会の実現と、途方もないことを思ってます。大腿義足ユーザー、がんサバイバーでもあります。 メッセージボードもご覧ください!

カテゴリ:くらしケアについて > 求人求職

以前も書いた保育士さんの求人募集の記事が手抜きだと社内で指摘されたので、今日のブログではもう少し真剣に書いてみます。

仕事を探している方保育士の方はサラッと読んでね。


ーーーーーーーーーーーー

以下は求人概要です。

◎職種:あたりまえですが保育士です。

◎仕事の内容
 放課後等デイサービスおよび日中一時支援にてお子さまの保育・療育をお願いします。主に障がいのあるお子さまをお預かりしますので、保育園や認定こども園とは対象者が異なりますが、スタッフ5名で定員10名のお子さんを預かりますので、ひとりのスタッフで少ないお子さんの支援ができます。個別支援かそれに近い保育ができることで、より密度の濃い保育・療育ができますので、この仕事のやりがいであり醍醐味を感じていただける部分かと思います。

◎研修制度
 保育士さんの多くは障害福祉サービス未経験の方が大半だと思いますが、そんな方にくらしケアでは社内勉強会を始め、スタッフ1名あたり年間3万円の研修費を補助しています。看護師同様、保育士も自己研鑽が必要な職種ですので、スキルアップや学びたい気持ちをくらしケアは応援します。

◎求人条件特記事項
 就業時間は30分単位で決めていただけます。
 (例えば『4時間30分働きたいけど・・・』などの要望のお応えします)
 フェイスブックやインスタグラムのユーザーさんは歓迎します。
 (最近はSNSの利用があたりまえになりましたが、ご利用者様はどんなスタッフさんに支援してもらえるのかは知りたがっていますので、くらしケアでは積極的にSNSを活用しています。もちろん強制はしないので安心してください)
 面接時に喫煙習慣をおたずねしますのであらかじめご了承ください。

◎その他
 くらしケアは『看護の力で地域を変え社会を変える』を理念に、障害のある方の生活全般を支援していますが、くらしケアのスタッフは理念に共感して集まった「いいヤツ」「いい人」ばかりなのが自慢です。

 医療介護福祉分野において、人間関係に疲弊したり派閥ができたりで仕事どころではない職場も少なくないと聞きますが、くらしケアはカルチャーフィットを重視した採用を徹底することで、仲の良い職場づくりをしています。

(カルチャーフィットとは『社風に合う、合わない』といった意味ですが、くらしケアが大切にしている『仲間を思う気持ち』や『協力し合いチームで助け合う』というような価値観、一般的にいえば『利他(りた)の心がある人』というような言葉で語られる、そんな価値観がある人を採用しています。ですのでたとえ優れた学歴やご経歴があってもカルチャーフィットしないと判断したら採用は見送ります。つまり、それくらいカルチャーフィットを重視しているということです)

 以前にも書きましたが、くらしケアではバレンタインデーの義理チョコや旅行の際のおみやげは禁止していますが、これも仲の良い職場づくりのために設けている制度です。

こちらを参照。

 応募にあたっては、まずくらしケアのホームページやフェイスブックページ、インスタグラム、ブログをチェックしていただき、理念に共感できそうだと感じたらふるってご応募ください。

 ご応募をお待ちしてます。


【履歴書送付先】
 〒500-8288 岐阜県岐阜市中鶉2丁目15番地1
【電話の場合】
 058-214-6592(平日9時から18時まで)
【メールの場合】
 info☆kurashicare.co.jp(☆を@に変えてね)
【フェイスブックページから】
 https://www.facebook.com/kurashicare/


31957217_2026723760925619_3200021712380887040_n
※ここぱーくのスタッフ

ーーーーーーーーーーーー

ということで、岐阜市中鶉のここぱーくで働いてくれる保育士さんの募集記事を真剣に書いてみました。

時給や休日、勤務時間等々、その他の求人情報は「ハローワーク岐阜 くらしケア 保育士」で検索してね☆

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?



























ファイル 2018-05-01 午後5 02 59
※ここぱーく準備中の写真。


ここぱーくは訪問看護ステーションと相談支援事業を運営するくらしケアがはじめる放課後等デイサービスです。

医療的な支援が必要なお子さんの利用できる放課後等デイサービスとして6月に誕生します。



IMG_4489

IMG_4492


現在はその準備に追われている最中で、3つ折りリーフレットもようやく出来上がったところです。
リーフレットデザインは施設長が頑張ってくれました。



IMG_4505
くらしケア自慢のスタッフ。
左は相談支援専門員(兼)看護師。
そして右は保育士さんです。



オープニングスタッフは看護師、保育士、介護福祉士ですが、保育士さんに関しては追加募集をしています。


ファイル 2018-05-01 午後5 03 34
※奥には訪問看護ステーションがあります。

放課後等デイサービスは保育園と異なる環境なのかもしれませんが、医療的な支援の必要な子どもたちにも楽しい時間を過ごしてもらいので、どうしても保育のプロである保育士さんの力をお借りしたいんです。

もちろん、放課後等デイサービスは経験が無いとか分からないとか、心のブレーキは掛かると思います。

でもそれはあたり前。

だって、知らない世界は不安に決まってますからね。



でもね、くらしケアのここぱーくは、地域社会に絶対に必要な社会資源になるんです。

絶対にね。


IMG_4493
※グランドピアノは寄付で、1968年製のヤマハG2です。


ということで、保育士皆さまからのご連絡、ご見学などなど心からお待ちしております!



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?






































※移転先の新事務所をチラ見せ。


新年度の4月。くらしケアでは新しく2名の正社員を迎えます。

ひとりは小児科の経験が長いベテラン女性看護師。
もうひとりは介護用品レンタルや福祉住宅改修の分野で活躍してきた30代の男性です。

これで総勢16名、うち看護師は12名。
岐阜市内において、民間では比較的大きなステーションになりました。

また、4月18日には新しい事務所へと移転することも決まっています。
場所は岐阜市中鶉なので現在の事務所からは比較的に近いのですが、広さは現在の6倍以上。
この場所で新規事業を立ち上げます。  

これまで休憩室も無いなか、小さな机にところ狭しと置かれたノートパソコンのうえで昼食を取らざるをえない状態でしたが、そんな環境でも文句一つ言わずに皆んなが頑張ってくれたおかげでとても良い物件に出会えました。

※実際の昼食風景。狭いです。

新しい物件との出会いは運命的でした。
見つけたときは「引き寄せた!」とすら思えるタイミングで見つけたのです。

偶然にも所有者が弊社取締役の永井の知り合い。とても良い条件で借りられることになりました。
新しい事務所は専用の休憩室もあり、更衣室も男女別のトイレも完備していますので、いまより少しは働きやすくなるのではないかと思っています。

名古屋進出、新規採用、事務所移転、新規事業の話になると「順調ですね」と声を掛けていただけるのですが、経営は順調でなければならないと思っています。なぜならくらしケアのご利用者様は小児も居ます。小児の人生は私より明らかに長いでしょうから、仮に私が死んでもくらしケアとサービスは永続させなければならないと思っています。また、親なきあとの解消を掲げていますので、ずっと安心してお付き合いいただける企業になるべく必死の思いで経営しています。 

2年の短期間でここまでやれた秘訣はいくつかあるのですが、そのひとつには「営業活動しなかったこと」が挙げられます。
これを話すと皆さんの頭上に???マークが並ぶのですが、本当にそう思ってます。

実はくらしケアは営業活動をしていません。
看護師にも営業活動をさせていないのです。

訪問看護ステーションの「あるある話」でよく聞くのは、立ち上げたばかりの訪問看護ステーションでは看護師が営業活動をしなくてはならず、紹介を得るためにクリニックを回るなどの活動をしていると聞きます。
実際にやったことがある看護師に聞くと「本当はつらかった」と答えています。

くらしケアも開業当初は看護師と一緒に営業回りをしましたが、早々にやめました。
理由は看護師だから。


看護師は看護師であり営業マンではありませんよね。
営業マンですら営業活動は結構つらいことなのに看護師に営業させるのはちょっと違うなと。
だから、経営判断として看護師による営業活動を一切やめました。

そして元営業マン経験のある私も営業をしていないですし、創業メンバーで取締役の永井看護師(兼相談支援専門員)も営業活動をしていません。  

ある団体から「くらしケアさんは営業しないんですね」と言われたことがあるくらいです。

考えてみてください。
誰でも経験があると思うのですが、「売り込みされること」って良い気がしないものですよね。
突然かかってくるセールスの電話。訪問販売。お店でゆっくり見たいのに近寄ってくる営業マン。

要らないものは要らない。
それと同じです。

では、営業せずにどうしてやっていけるのか?
これは「あることを大切にしたから」ですが、詳細は企業秘密です(笑)

というのは半分冗談ですが、同志には教えていきたいと思っています。
なぜなら私たちには仲間が必要だからです。

岐阜に限らず支援を必要としている人が居る以上、同志を増やしていかなければなりません。
ですのでくらしケアの仲間に加わってくれる看護師、あるいは実際にくらしケアで働きながら運営を学び、いつか訪問看護ステーションを立ち上げたい方にはすべて惜しみなく教えたいと思っています。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?


















今日のブログはいきなり求人の話から。
福祉職の方にぜひ読んで欲しいと願いつつ記事を書いています。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実はくらしケアでは就労継続支援B型事業所放課後等デイサービスのオープンを検討しています。
まぁ「検討しています」という段階ですからスタッフも居ないしオープンの時期も未定ですが、やると決めたらやるのがくらしケア。半年以内のオープンを目指して計画を立てています。  

なぜくらしケアが就労継続支援B型事業所と放課後等デイサービスを始めるのか?について、その理由を説明させていただきますね。


ひとことで云えばゴールの実現のためです。


くらしケアの目指す最終的なゴールは親なきあと問題の解消ですが、親なきあと問題の解消には当事者の自立が不可欠ですし、そのための就労の場を提供することは意義があると考えています。

但し、くらしケアでは相談支援事業所を持っているため、一般の就労継続支援B型事業所や放課後等デイサービスとは協力関係にあるので、既存の事業者さんが行っている事業領域を侵さないように事業を始めるつもりです。

現時点ではあまり詳しく書けないのでお許しいただきたいですが、少しだけネタバラシするといわゆるコミュニティカフェです。

578254_351246468274698_1172587165_n


くらしケアを良くご存じの方なら記憶にあるかもしれませんが、くらしケアの岐阜事務所は、もともと感動カフェディアスという名のコミュニティカフェでした。

10669159_723791497686858_4452024274676673973_o




この感動カフェディアスを復活させると云えば、何となく伝わる方もいるんじゃないかと思いますが、要するにそういうことです。

10650061_717534774979197_3033164502822644547_n



新しいコミュニティカフェでは、障害者と健常者が交わる多様性のある場所にしたいと思っていますし、家族会の例会やイベントに無償で場所を提供したり、当事者のピア活動の場にするなどを検討しています。

1621881_769045783161429_7686393675243580429_n


ということで、
一緒に作ってくれるサービス管理責任者の方へ。
ぜひ加わってください!






ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!


くらしケア代表のブログランクはいま何位?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そして放課後等デイサービス。

こちらも医療を手がけるくらしケアらしい放課後等デイサービスで、医療的ケア児とママのための放課後等デイサービスにします。

47
イメージを伝えたくて、画像はネットからお借りしました。



ドラマ「コウノドリ」で知った方も多いかもしれませんが、近年は医療的ケアが必要なお子さんが生まれている一方で、医療的ケア児と家族を支える社会資源が圧倒的に不足していて困っているご家族が少なくありません。 

そこで、医療と福祉の双方を手がけるくらしケアが、その圧倒的に不足している社会資源の一部を担おうというわけです。




上の写真は岐阜市が民間に委託している相談支援事業所の一覧ですが、くらしケアに医療的ケア中心と書かれているのがわかりますか?

岐阜市さんはくらしケアに対して医療的ケアの支援を期待してくださっていて、その期待に応えたいという思いもあります。


(くらしケアでは精神障がいの方の支援を中心に活動しているので、本来ならば、精神障がい&医療ケア中心と書いて欲しいところですが・・・まぁ、それは置いといて。。 )


運営ノウハウについては、以前、NPO法人にて放課後等デイサービスを実際に経営していたのでノウハウは持っていますので関係者の方、ご安心ください。

しかし放課後等デイサービスを始めるためには、まずは「児童発達支援管理責任者」の方に加わっていただく必要があります。

ということで、児童発達支援管理責任者の方にもぜひ加わっていただけたらうれしいです。


やってみたい、興味がある、という方がいましたらぜひご連絡ください。

または、お知り合いの方がいらっしゃったらぜひお声がけしてください。

よろしくお願いします!


まずはメールにて興味ありありですと書いていただきご連絡ください。


メールアドレスはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
info☆kurashicare.com (☆を@に変えてください)


このブログで素敵な良い出会いがあることを期待して、今日も頑張ります!


















あらためまして、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します。

ということで本日4日からくらしケアは仕事始めです。
2018年も一生懸命、地域の皆さまのお役に立てるよう頑張って参ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、早速ですがお知らせです。
くらしケアでは一緒に働いてくれる仲間を募集します。

看護師、保健師、准看護師、作業療法士の方に加わってもらえたらうれしいです。
(今年は遠慮せず、欲しいと思ったことはストレートに書きます^^)

仕事はひとことで云うと「訪問看護ステーションへの勤務」となりますが、具体的には難病や障害のある方のお宅を訪問して病気のケアや生活支援を行います。(くわしい業務内容を聞きたいとご連絡いただければ実際に働く看護職員からお話させていただいています)

よく「訪問看護の経験がないからと心配」という看護師は多いのですが、それってあたり前で…

理由は厚生労働省から発表されているこのグラフ。

31

訪問看護ステーションで働く看護師は、全体のたった2パ−セントしかいないのですね。※オレンジ色のところ
となりの「介護施設等」で働く看護職員と比べても5分の1という少なさです。

これは訪問看護ステーションという働き方が出てきたのがまだ最近だから。なので「訪問看護経験が豊富な看護師」がたくさんいるはずもありません。
(この統計は平成24年のものなので、現在はもう少し増えていると思いますが・・・)

訪問看護勤務が未開拓の新しい勤務形態だと考えると、在宅医療や介護を推奨する流れのなかいちはやく飛び込めば看護師としてのバリューを高められるかもしれないのではと個人的には思います。


48


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

くらしケアでは先輩看護師との同行やOJTを通してひととおり学ぶことができますので当初の不安は杞憂に終わるはずです。

実際、ウチのスタッフは病棟勤務経験のみの看護師はあたり前、子育てや介護で現場を離れていた看護師もいますが、訪問看護経験ゼロから大活躍中ですが、皆んな過去は、いまのあなたと同じ環境に居た看護師たちです。

「在宅は未経験だけと病棟から出た患者に関わってみたい」「施設ではなく実際の暮らしぶりに寄りそいたい」と考え、少しだけ勇気を出して飛び込んだ人たちです。


私は看護師ではありませんが、看護師を目指して学んで来た人が持つ潜在能力や責任感は、常人とは異なりものを感じますし、目を見張るものがあります。

だから看護師の資格を持つあなたに在宅領域での看護ができないわけがないとさえ思います。 
(生意気を云ってごめんなさい…)


37



ちなみに「働きやすさ」はかなり充実してると思いますので、その点からもぜひ話を聞きにきて欲しいですね。
(このあたりは話が長くなるので、働きかたカテゴリーを参照してください→クリック

ですので、とにもかくにもまずはくらしケアを「知る」「聞いてみる」から始めていただけたらとうれしいです。


それではご連絡お待ちしてます。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(編集後記) 

実は今日からブログタイトルを変え、ブログランキングにも参加することにしました。
なぜかというと「何のためにブログを書くのか」という根本的なことを考えた結果です。

私はくらしケアという事業を通じて、生きづらさを抱えている人をひとりでも減らしたいと考えていますが、そのためにはひとりでも多くの看護師や福祉職の方に仲間に加わっていただく必要があります。

また、実際に生きづらさを抱えて暮らしている方々に、私の思いを伝えたいし、くらしケアの活動を知って欲しいという思いがあります。

どんな良い商品やサービスを扱っていても、知ってもらえなければ存在しないものと同じ。私たちの活動を存在をひとりでも多くの人に知ってもらう必要があります。

そのためにも記事の内容を良くしたり、文章力を上げたりすることも必要になりますが、記事を書き続けることでその点も両立させながら、より多くの人に知ってもらえるよう意識して書き続けます。

また、今後は本格的に規模の拡大を目指します。訪問看護ステーションを実際に運営しながらも経営という点で悩んだり苦しんでいるステーションの方との出会いも積極的に求めて行こうと考えています。

ということで長くなりましたが、本年もご支援のほどよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!


人気ブログランキング



















高齢者の介護には介護支援専門員(いわゆるケアマネジャー)の存在が不可欠ですが、障害福祉も同様に相談支援専門員という存在が不可欠です。

うちで云うと、くらしケア介護障がい相談センターで働くスタッフがこれにあたります。


相談支援専門員は、障害のある方の相談を受け付けたり、施設利用のための計画を立てるなど、障害者の暮らしを支える人たちです。



で、くらしケア介護障がい相談センターでは近年、発達障害のお子さまの増加などにより相談依頼が増えているので一緒に働いてくれる仲間を募集してます。



うちで働いてくれる方、いないかな。。

正社員、パート、いずれも募集中なのですが…


出会いたいな。





12月から1名、女性の相談支援専門員が入社してくれたのですが、さらに1〜2名ほど募集を募り、岐阜市や各務原市を舞台に活躍してくれる相談支援専門員を探しています。


このブログを読んだ方。

知り合いがいらっしゃったらぜひご紹介ください!




くらしケアは働きやすさを追求しているから、紹介者も安心だし、きっと働きやすいと思ってもらえます。



例えば勤務形態。

会社としての営業時間は平日朝9時から18時ですが、勤務時間は自由。

スーパーフレックスタイム制を取り入れているからオンとオフを両立しやすい労働環境です。


この制度は、所定労働時間を満たしていれば出勤する時間も終了時間も自分で自由に決めてOKという制度で、(自分で云うのも何ですが)職員からは「働きやすい!」と好評です。


また、ケアマネジャーや相談支援専門員なら専門外の相談や悩みを受ける場面が少なからずあると思いますが、応えてあげたくとも専門外のことが分からず、相談者のニーズに応えきれなかった経験はあるのではないでしょうか。


しかし、くらしケア介護障がい相談センターならそんな悔しい思いややりきれない気持ちになることはまずありません。 

なぜなら住まいのこと、金銭管理、健康問題、権利擁護、家族関係、そして親なきあとのことなど、何でも相談できる仲間やノウハウがあるから。

だから、どんな相談にも対応できますし、相談者の方からより必要とされる存在になれます。



いかがでしょうか。

この記事を読んだ相談支援専門員の方や、相談支援従事者初任者研修を終了している方は、気軽に話だけでも聞きませんか?

ご連絡をお待ちしています。





ご連絡はこちらからどうぞ!
 ▶http://goo.gl/forms/C0ZOvFUpKe


くらしケアホームページ


くらしケアFacebookページ



_7057407
打ち合わせ風景。右で立っている髪の長いオッサンが私です(笑)






































このページのトップヘ