旧くらしケア代表のブログ(noteに引越しました)

障害者の親なきあと問題の解消を目的に株式会社くらしケアを設立。精神障害者の地域包括ケアなど、精神科訪問看護を軸に総合的な支援を展開しています。最終的な目標は誰もが暮らしやすい偏見のない社会の実現と、途方もないことを思ってます。大腿義足ユーザー、がんサバイバーでもあります。 メッセージボードもご覧ください!

カテゴリ: 親なきあと


お久しぶりです。
お元気でしたか???

私は相変わらず元気に頑張ってます。

とはいっても
もういい歳なのでそれなりに疲れも感じますが(笑)

でもね、
存在意義といいますか、

神様からお役目をいただいた以上は頑張るしかないと思ってます。

なぜなら
関わる誰もが明日が待ち遠しいと思えるようになって欲しいし
病気や障害があっても幸せになることをあきらめなくても良いようになって欲しいから。


そして
訪問看護師という職業が多くの看護師のあこがれの職業にしたいし
訪問看護師がとにかくカッコいい職業にしたいから。

そのためにも頑張り続けなければなりません。
ということで、引き続きご支援よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーー

さてさて。

例のアレのお知らせです。
アレといえばアレです。


好評の「親なきあと問題を親あるうちに考えるセミナー」です。
とうとう名古屋開催が決定しました。

今日のブログはセミナーの告知です。

会場は千種区今池の今池ガスビル7階。
地下鉄今池駅直結だから来場しやすいのではないでしょうか。


セミナー講師は素晴らしい2名の先生。

ひとりめは堀場洋二様です。

堀場様は、名古屋市精神障害者家族会連合会の重鎮であり、全国精神保健福祉連合会(みんなねっと)の交通運賃割武器全国運動推進PTの事務局長でもある方。

一昨年前、たまたま堀場様の講演を聞く機会があり、いつかぜひくらしケアのセミナーで講演をお願いしたいと考えていたのですが、ようやく実現します。

親なきあと問題を考えるうえ、新しい視点に気づかせてくれる堀場様の講演はオススメです。


お二人目は廣田祥久様。

廣田様は精神障害者の自助グループを率いながら、自分自身も当事者としてピア活動を精力的に行う若き青年です。

初めて廣田様の講演を聞いたとき、廣田さんのような存在は、当事者はもちろん親御さんにも希望を見出していただけるのではないかと思い、いつか講演をお願いしたいと思ってました。

くらしケアのセミナーでお話しいただきたいお二人のご登壇が実現したのが、このセミナーというわけです。

精神障害や発達障害をお持ちの方、何らかの理由でひきこもり状態にある方、そしてご家族の方に有意義な情報をお届けできたら良いなと思ってます。


セミナーチラシPDF


ーーーーーーーーーーーー

講師が決定してチラシを作り、専用申し込みフォームを作り、ようやく告知できたのが先週。
(ちなみにチラシもフォームも私の手作りでございます)

セミナー当日まで2ヶ月もないなか、定員100名の会場を満席にできるのだろうか・・・という不安もありますが、講師をお願いした先生方はとにかく素晴らしい方々ですし、親なきあと問題を抱えるご家族の力になりたいから何がなんでも集客しなければと思ってます。

ちなみに募集開始から4日間で10名の申込みをいただいています。

ご興味のある方はお早めにお申し込みくださいね。

当日お目にかかれることを、いまからとても楽しみにしています。


申し込みフォームはこちらです。




ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼


くらしケア代表のブログランクはいま何位?















































居住支援関連が忙しくなっています。ありがたいことです。

昨日は隣市の障がい福祉課の方と基幹相談支援センターの方が事務所へお越しになり、居住支援に関する様々な質問にお答えさせていただきました。同時にくらしケアに期待を寄せていただいていることを知り、とても報われた気持ちになりました。

というのも居住支援は創業時から取り組んでいたことだからです。


273c9746ec110388d56fad2bd7d96681_s


空き部屋を活用し、リノベーションを施したうえで障害者や高齢者、シングルマザーの入居を拒まない住宅へと転換させ、空室で悩む大家さんのアパート経営を改善する事業から始まりましたが、その延長で、社会福祉協議会から障害者の部屋探しの依頼を受けるようになりました。

現在は独力で住まいを探すことが難しい方の住まいの確保を支援する活動が主ですが、昔からあたり前に行っていた活動が今になり居住支援として注目をあびるようになったのだから何とも不思議です。

来年は居住支援活動を加速させます。まずは通過型グループホームから始めますが、長年携わってきた賃貸不動産に関する知識や経験を活かして、ありそうでなかった様々な居住支援活動を展開していきたいと考えています。

楽しみにしていてください。



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?






5c478aace1c3c2307b06d249592cfea5_s


成年後見制度を利用したばかりに「こんなはずではなかった」と身動きが取れなくなっている当事者の話を聞きますが、残念ながら成年後見制度は欠陥があると言わざるを得ないと思っています。

もちろん、誠意ある対応をしてくれる後見人も居るでしょう。しかしながら成年後見制度をひとつのビジネスチャンスと捉えている士業の方が存在するのが実体です。


老親の貯金が突然他人の管理下に!?「成年後見制度」の大問題


認知症や知的障害、精神障害で薬の影響により意思決定に不安がある人が後見人を付ける場合、信頼できる人を後見人に立てられるなら良いのですが、家庭裁判所が選任した見ず知らずの司法書士や弁護士が後見人につくこともあります。

そうした見ず知らずの士業が後見人についたことで、当事者にはつつましい生活を強いて、高額な手数料や報酬を勝手に差し引いて受け取ると言ったことが行われたり、それが死ぬまで続くことが起こり得ます。

後見人に専任される側の司法書士や弁護士にしてみれば、長期にわたり手数料が得られる後見人制度が魅力的に写るのかもしれません。過去に参加した成年後見制度のセミナーでは、いかにも誠実そうな司法書士が成年後見制度の活用を促していましたが、ややポジショントークに聞こえなくもない印象を受けましたが、なんせ国家資格を持つ士業の方の話ですから悪意の有無などわかるはずもなく、なるほどこれでは信用してしまうのも無理はないと思えました。

成年後見制度を利用したことにより、これまで築いた財産が自由にならなくなったり、不動産を勝手に処分され現金化されることだって起こり得るのですが、いくら士業の資格を持っていたとしても、契約行為などの意思決定や権限を、見ず知らずの人に任せることがいかにハイリスクかは推して知るべしでしょう。


年10億円超の横領もある「成年後見人」の本質


ネットで「成年後見人 トラブル」と入力して検索すると膨大な数の記事がヒットしますが、それだけ問題が多いことを裏付けているのではないかと思います。

かといって、他に有効な意思決定の代理人を立てることが難しい現実はあり悩ましいところですが…成年後見人に関しては私もさらに学びを深めて、良いアドバイスができるようにしなければと考えています。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?


























アパートの契約期間が2年の場合、必ず2年間は住まなければならない(2年間、家賃を払わなければならない)と勘違いしている方がいますが、そんなことは絶対にありませんから。

「これは実際どうなんだろう?」と迷ったときは、お気軽にくらしケアにご相談くださいね。

ーーーーーーーーーーーー

精神障害を持つ子の面倒を、いつまでも親が見続けられたら良いですが、人には寿命がある以上、いつまでも支援をすることは不可能です。

ですので、できる限り早く自立した生活ができる体制を作ることが必要ですが、結局のところどうすれば良いかわからずにいたり、誰に相談したら良いのかもわからないまま今日を迎えているという方が本当に多くいます。

親なきあと問題は、意思決定、生活スキル、居場所、金銭的課題、緊急時対応、コミュニティの問題などがありますが、こうした課題をどれか一つ二つ解決したところですべては解決しません。

総合的な支援を提供するサービスが存在しないため、私たちはこれらの課題を総合的に解決することが必要だと考えくらしケアの事業モデルをつくりました。

いまから3年前につくった事業ですが、現在は実に多くの成果を出し始めています。

昨日は、あるご家族の相談を受けていました。精神障害で入院中のお子さまの退院後の生活をどのように構築するかという課題をお聞きしましたが、結論を言えば、親の覚悟さえあれば十分に自立した生活が実現できると思いますし、願わくば親がお子さんの可能性を信じてあげて欲しいと思う、そんな相談でした。


510e3d02ebdc92cfb1bd27f77add2c09_s


訪問看護を利用されるなら一点だけ書いておきたいと思います。

一般的な訪問看護であれば、服薬管理やバイタルチェックならどんな訪問看護でも対応可能です。ですが、精神科訪問看護を始め、親なきあと問題や、精神障がい者の自立した生活の構築に向けた課題の解決のためは服薬管理やバイタルチェックだけでは到底解決できるものではないということを理解していただけたらと思います。

私たちが提供しているのは一般的な訪問看護ではなく、看護師を主とした「くらしケアというサービス」であり、一般の訪問看護とは似て非なるものです。

実際、私たちのサービスの提供により、入退院を繰り返していた方がアパートでひとり暮らしを維持継続できたり、本人がやりたかったことが実現できています。

親なきあとのことを心配されるのは親ならあたり前ですが、私たちは皆さんご家族がずっと願っていたことを実現させられるよう看護師が主となって、単なる訪問看護を超えた、看護師による支援を提供し続けています。

対応エリアは限られていますが、徐々に広げていますので、期待していただけたらと思います。




ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?






















今日のブログは空き家活用について。


あるお客様から携帯に電話がありました。

その方とは4〜5年ぶりで久々のご連絡。私を空き家活用の専門家として頼ってお電話いただいたのですが、内容は「古い戸建ての空き家を貸して欲しいと要望されたが、そのまま貸しても問題ないの?」といった相談でした。

というのも、家を貸すということは大家さんになることを意味しますから、一般的な考え方であれば修繕義務が発生します。空き家は住むうえでは問題ないが、なんせ古いし、あとから何かしら壊れて修理費用を負担していては本末転倒だし、耐震性も気になるからどうしよう、という相談です。

私からは2つアドバイスしました。ひとつはDIY賃貸という貸し方を検討してはどうか?ふたつめは無料の耐震診断を受けたらどうか?というアドバイスです。

前者は最近普及しつつある賃貸での考え方で、家賃を格安で貸すかわりに現状有姿(現在あるがままの状態の意味)で貸すというやり方。修繕義務がないかわりに、入居者が自由にDIYしたりリフォームリノベーションしても良いですよ、というものです。

賃貸の場合、基本的に何もさわってはダメで、画鋲を刺すのもダメというのが通常の考え方ですが、DIY賃貸は真逆の考え方で好きにして良いから建物をイジリたい人にはうれしい借り方です。

DIY賃貸については国土交通省から契約書のひな形や考え方がインターネット上で公開しているので、参考にしてみては、とアドバイスしました。

後者の耐震診断。意外と知られていないのですが、住んでいる市町村が無料で耐震診断を行ってくれます。耐震診断に申し込むと、市町村が提携する建築士が自宅を訪問して耐震診断をしてくれるのです。

耐震診断を行うことで、古い基準の時代に建てられた家(1981年6月1日以前)でもどの程度の耐震基準を満たしているかがわかりますし、満たしていない場合でも、どこを補強すれば耐震基準を満たすのかがわかるようになります。

また、耐震診断の結果、耐震性に懸念があるとわかれば貸さないという判断もできます。


ということで、空き家の活用で悩んでいたお客様の疑問に答えさせていただきました。




ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?

















zu2

上の図は業界関係者なら知らない人はいない(よね?)の図。

厚生労働省が示す地域包括ケアシステムのイメージを伝えるものです。

団塊の世代が75歳以上となる2025年までに要介護状態となっても住みなれた家や地域で自分らしいくらしを続けることができるよう、医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供されるケアシステムの構築を示しています。

これまで老後で死期を迎える場合、病院や施設で過ごすのがあたり前でしたが、財源的に見ても、このままでは持たないからと考え出されました。

個人的には地域包括ケアシステムは素晴らしいと思うし、本来こうあるべきだよねと思いますのでどんどん推進されるべきではないかと思っています。


さて、次の図に行きます。

20180611image


上図は同じように地域包括ケアシステムの図なのですが、先と異なるのは精神障害の方を支える地域包括ケアシステムの図だということです。

よく見比べれば、担い手が誰なのかという点が異なりますが、基本的な考え方は同じです。

日本の精神科医療は世界的に見て異常だと言われており、世界でもっとも病床数が多いのが日本。

その数字は突出していますが、個人的に思うのは精神科医療にこそ地域包括ケアシステムの導入促進が求められているとさえ思います。


で、ここからが今日のブログの本題です。

上の2つの図をよく見ていただきたいのですが、中心に何があるでしょうか?

住まいと書いてありますよね。


そう。地域包括ケアシステムの実現には住まいがとても重要なのです。

医療や福祉サービスを受けるには住所が必要ですし、住まいがひどい環境だど善くなるものさえ悪くなるのは支援者なら理解できると思います。

要介護者の住まいも、取って付けたような手すりやスロープではなく、身体の衰えを意識しなくても良いような家に整備されていたら、暮らしはずいぶん異なるはずです。

低所得者や生活困窮者、あるいは障害者の住まいでよく見受けられるのは、必要最低限の住まいだったりしますが、もしそうした方が暮らす住まいがリノベーションされたカッコいい住まいだったら、その人の尊厳にどんな影響や変化があるかと考えたら、住まいって人生の質やクオリティに大きく影響すると思います。

pic_l_room2_301
※写真はネットからお借りしました。


問題なのは、住まいに関わる人たち(私はプレイヤーと呼んでいます)がその大切さに気づいていないということです。

住まいといえば不動産会社が多くの役割を担っていますが、地域包括ケアシステムで住まいを必要とする人たちのことを不動産会社は「面倒くさい人」「儲からない人」というような見方をしているのが現実。

実はそんなことはないのにもかかわらず、です。

くらしケアは居住支援活動を通じて、そうした間違った見方を変えていくこともひとつのミッションとして掲げていますが、私は地域包括ケアシステムの中心的な役割を担う存在として、不動産会社の役割はとても大きいと思っています。

医療も福祉も介護も、質の高いサービスを提供するためにも住まいは非常に重要です。

私は、住まいに関わるプレイヤーの人たちが、その重要性に気づいてくれたらと願っています。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?























































セミナーチラシ


前回前々回と好評で、要望の多かった親なきあとセミナーの第3弾を開催します。

今回は、関東からみんなねっとの副理事長をはじめ、障害福祉分野で活躍する方4名に登壇いただきます。

いつもなら参加申し込みをいただきますが、今回は申込み不要にしました。

定員オーバーが若干心配ですが、気軽に参加していただけるとうれしいです。



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?



写真 2018-11-09 午後0 56 35
※11月9日 精神保健福祉促進研修会 高山大会にて。
 ちなみに写真と本文は関係ありません。


ある当事者の母で精神障害者家族団体の上層部にいる方の講演を聞いて目からウロコだった話。

それは「入院を好機と捉える」というものでした。

通常、退院後はもともと住んでいた家に戻すと思いますが、そうではなく、支援者の力を借りてグループホームやアパートへ住まいを移してしまうという提案です。

実際、その方は、退院後の住まいをアパートにすると決めて実行、世帯分離に成功したのですが、なるほど確かに退院時はそういう働きかけがしやすいタイミングになり得ると思いました。

実際、くらしケアのハウジングサポート※を受けてひとり暮らしを実践してくださっている方がいますが、その方は現時点でもう2年間もひとり暮らしを続けている。

その現実を見て、世帯分離は決して不可能ではないし、そのことを証明してくださっている方がいるから、いわれるように確かに入院は好機であり、退院後の親なきあとを見据えた支援体制を構築する意味でも、最大のチャンスであると言えます。

※ハウジングサポートは障害者の住まいの確保と生活支援をセットにしたパッケージ。ホームレス支援はハウジングファーストだが、ハウジングファースト活動へのリスペクトの念を込めて、あえてハウジングファーストを名乗らず、ハウジングサポートとしている。

先日も岐阜県東濃エリアの精神科病棟のソーシャルワーカーさんから退院支援の相談を受けましたが、親御さんのご意向など総合的に勘案したうえで、退院後の住まいは民間のアパートで確保、支援者のサポートを入れることで十分に親なきあとの自立した生活支援体制をつくる提案をさせていただきました。

いままでと同じことをしていても結果は変わらないとわかっているなら、少しだけでも新しい視点を取り入れたり、入院を好機と捉えて準備するのもありだと思いました。


ーーーーーーーーーーーーーーー

くらしケアの求人に応募したい方はこちらのブログを読んでから応募してね。

厳選記事はこちら

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?



























いつもくらしケアの活動を応援してくださる皆さまに向けて取り急ぎ報告します。

くらしケアは、本日付で岐阜県の居住支援法人に指定されました。

これをうけて県内では2法人めとなります。

指定通知


指定を受けるまでいろんな困難もありましたが、岐阜県庁担当者の方々にご指導いただきこの日を迎えることができました。本当に感謝です。


「ところで居住支援法人ってなに?」という方に説明すると以下のとおりです。


【住宅確保要配慮者居住支援法人について】

○住宅確保要配慮者居住支援法人の概要
 住宅確保要配慮者居住支援法人とは、住宅確保要配慮者(低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子供を養育する者、その他住宅の確保に特に配慮を要する者)の民間賃貸住宅への円滑な入居の促進を図るため、住宅確保要配慮者に対し家賃債務保証の提供、賃貸住宅への入居に係る住宅情報の提供・相談、見守りなどの生活支援等を実施する法人として都道府県が指定するものです。(住宅セーフティネット法第40条)。 

国土交通省ホームページからの引用
http://www.cbr.mlit.go.jp/kens…/sumai_topics/topics04_02.htm


創業時から障がいを持つ方々の住まいの相談を真摯に受け止め、地道に活動してきたことが認められた感慨深さもあるけれど、責任の重さも感じるから喜びよりも身の引き締まる思いのほうが強いですね。


今後の展望としては、空き家活用をさらに追求したり、住宅要配慮者の住まいの確保のために、不動産業者や大家さんへの理解の促進など、様々な働きかけも行っていきたいと思っています。

くらしケアの今後にご期待ください。


ーーーーーーーーーーーー

くらしケアの求人に応募したい方は、まずこちらを読んでね。

ブログ厳選記事

くらしケアの求人に応募したい方はこちらのブログを読んでから応募してね。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?



































e1754a72fe9d314d614a146b09ede0f1_s


岐阜市内で空き家で困っている人がいたらぜひ紹介してください。


空き家はなんとかしたいけど、土地は手放したくないという方の活用方法や、空き家に両親の思い出の品がたくさんあって、なかなか処分できないとか、いろんな事情にあわせた活用方法があります。

空き家は福祉に転用すれば、社会貢献できるばかりか貴重な収入源にもなり得ますが、それもこれも空き家をどう活用し、アレンジするかにかかってます。

「障害を持つ子どもさんのために、家をなんとか活用したい。」

「空き家があるけれど、社会に役立てるよう活用したい。」

もし、そんなことを思っている方がいらっしゃったらご紹介(ご連絡)ください。

良い提案をさせていただきます。

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?

















このページのトップヘ