旧くらしケア代表のブログ(noteに引越しました)

障害者の親なきあと問題の解消を目的に株式会社くらしケアを設立。精神障害者の地域包括ケアなど、精神科訪問看護を軸に総合的な支援を展開しています。最終的な目標は誰もが暮らしやすい偏見のない社会の実現と、途方もないことを思ってます。大腿義足ユーザー、がんサバイバーでもあります。 メッセージボードもご覧ください!

カテゴリ:くらしケアについて > キャンナス岐阜

11051752_1574619689492276_7326185952566933546_o
※キャンナス岐阜発会式の様子。

クリスマスシーズンになるとキャンナス発会を思い出します。
それは2014年12月23日のことで、全国71番目となるキャンナス岐阜を発会したことです。

岐阜シティタワー43で行った発会式は寒いなかたくさんの人に足を運んでいただき、キャンナス史上最大の発会式となりました。
キャンナスへの参画を決めてから発会式まで2ヶ月。会場探しから、講師選定、福祉施設への呼びかけ、お土産の準備、メディアへのプレスリリースなど、急ピッチで行ったことを思い出します。

当日は県内の福祉施設の方々にブースを設置していただき、商品の宣伝販売も行なわれるなど、終始、和やかなムードで行われましたが、発会を終えた先に、重い病気と障がいを持つ人たちが置かれている現実を知ることになるとはこの時点では予想もしていませんでした。


15500_1512365952384317_5799795498313110318_n


キャンナス岐阜の活動は、見守り、外出支援、思い出づくりの3つをテーマにしていました。
家族の介護から離れられない方のかわりを担う、医療機器等により外出を制限されている方の看護師による同行を支援する、終末期の方を思い出旅行に同行するといった活動を視野に入れてのスタートです。


(余談ですが、思い出旅行に関しては、緩和ケア病棟で最期を迎えるばかりの実父が看護師のサポートを受けて生まれ故郷の屋久島へ行ったことも理由です。結局、病魔に勝つことはなく1ヶ月後には他界しましたが、旅行中の写真に映る父の表情は末期がんを患う病人の表情ではなかったから。キャンナスでぜひやりたいと思いました。)


親なきあとを心配する親の声に出会い、障がい者支援活動へ傾倒していくなかで、その延長にキャンナスとの出会いがありました。活動の多くは呼吸器を付けた難病の方の外出支援でしたが、重い病気や障がいがあってもその人らしく暮らせるようにできないかという思いはキャンナスの活動を通じて高まっていったように思います。

しかし、そうした思いは強くなる一方で、キャンナスだけでは難しいことも感じました。キャンナスの利用は有償です。けれど基本的にボランティアであることにかわりません。活動の継続は容易ではありませんでした。

13901464_1753998604887716_2158248628861010468_n


ジレンマを感じながら、産みの苦しみのなかでたどり着いた答えが現在のくらしケアです。

過去を振り返ると、一見、偶然のように思えることは必然だったように思いますし、その瞬間は苦しみでしかなかった過去さえ愛しいものに思えます。

目の前の現実から目をそらさなかったこと、困難から逃げずに向き合ったことでいまがある。
4年前のキャンナス発会を思い出しながら、そんなふうに思います。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?






























くらしケアのグループに『キャンナス岐阜』があります。

キャンナス岐阜は潜在看護師などによる有償ボランティア団体。

子育てや介護など何らかの理由で看護のしごとから離れているけれど、空いた時間でボランティアを行いたい看護師と、在宅で看護師の力を借りたいご利用者様をつなげています。

2015年7月25日 服部さん


これまでの主な活動は
・呼吸器をつけた筋ジストロフィーの方の外出動向
・人生最期の思い出旅行の企画と動向
・結婚式等冠婚葬祭の付き添い
・ALS(難病)の方の夜間の付き添い

などがあります。

現在、企画準備をしているのが、キャンナス岐阜と行く東京ツアー♬と名づけた思い出旅行。

お身体が不自由で麻痺があり、車いすで過ごしているご高齢の女性を、思い入れのある場所へお連れする旅行。

ひょっとすると人生最期のご旅行になるかもしれない大切な旅行です。

なので新幹線の出発時間はお昼に設定し、社内でおいしい駅弁でも食べながら東京へ向かっていただけるような旅程を組み、東京のホテルではスカイツリーが見えるバリアフリーホテルで4日間の観光を楽しんでいただけるように企画しました。

女性は体力があまりないと思われることから、暑くなる前か、あるいは秋ごろを希望されていましたが、楽しいことは一日も早いほうが良いと考え5月末の出発で日程を調整。

新幹線は車いす対応の多目的室が使える座席の確保と人数分のきっぷの手配、数少ないバリアフリーホテル&ユニバーサルルームの選別と人数分の予約、朝食の予約もとり、全行程で必要な介護タクシーを岐阜と東京で確保。

ここまでやらないつもりでしたが、喜んでいただけるならと旅程の企画もすべてサポートさせていただきました。

出発からお別れまで3泊4日の全旅程にキャンナスの看護師が付き添うから、きっと安心して旅を楽しんでいただけると思います。


さてさて。

最近は看護師(ボランティアナース)の登録が減っていて活動は低調気味。

登録ナースがひとりでも多く見つかれば、こうした思い出旅行や施設から出かけられる難病の方が多くいるのですけどね・・・。

13240604_1723365134617730_5994316139229798371_n


キャンナスは有償ボランティアなので時給が発生します。

加えて保険も加入していますから安心して活動に専念できるので、空き時間を活用したい看護師(いわゆる潜在看護師)の方は、ぜひキャンナス岐阜までお声を掛けていただけると本当ほんとにホントーににうれしいです。

できることをできる範囲でやるのがキャンナス。
あなたの空いている時間を私たちに貸してください。

ひとりでも多くの看護師がボランティアナースとして登録してくれるとうれしいです。

ぜひよろしくお願いします!

以上、くらしケア代表(兼)キャンナス岐阜事務局からのお知らせでした。

キャンナス岐阜ボランティアナース登録フォーム

キャンナス岐阜ホームページ


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?






















































今日はクリスマスイブということで、世間はクリスマスモード真っ只中だと思われますが、私は特にクリスマスらしいことをするでもない、ごく普通の日曜日を過ごしてます。

でも一応、メリークリスマス☆



さて、今日のブログ。

フェイスブックを開くと「過去の思い出」という、過去に投稿した記事が再表示される機能があるのですが、3年前のキャンナスの発会式の投稿が出てきました。

ハートのある町へのコピー
JR岐阜駅前のシティタワー43で開いたキャンナス岐阜の発会イベント。


キャンナスは看護師によるボランティア団体。

全国に100箇所以上(たぶん・・・)ありますが、私たちが運営するキャンナス岐阜は全国71番めの団体としてスタートしました。

2014年12月23日が発会イベントで、翌日のクリスマスイブは、イベントを無事に終えてほっとしていたような、そんな記憶が残っています。


発会式岐阜新聞12月24日のコピー
キャンナス岐阜の新聞記事(当時)



看護師を中心に、制度の行き届かない部分のお手伝いを行う有償ボランティアとして活動するキャンナス。

主な活動は、独り暮らしの高齢者の生活のお手伝いや、介護・看護の必要なご家族をお持ちの方のお手伝いです。


10858595_828565690540401_4700476392860670127_n
キャンナス本部の菅原由美さんの講話


都竹さんのコピー

岐阜県障がい児者医療推進室室長の都竹淳也様(現:飛騨市長)にも講話をお願いしました。




私たちは上記の支援に加えて、病気や障害のある方の外出支援をやろう、ということで始まりました。

というのも、私の父親の思い出旅行がとても良かったからです。


ときは2013年。私の父は末期の肝臓がんで、東海中央病院(岐阜県各務原市)の緩和ケア病棟で余生を過ごしていました。 

「亡くなるまでに故郷へ里帰りさせたい」と私の母親が思いたち、主治医に相談したところ看護師の同行を条件に許可を得たことで屋久島への帰郷が実現したました。

それまでまったく元気が無かった父は、帰郷という目標を持てたせいか表情も明るくなりました。

そしてなにより看護師のサポートがある旅行の安心感は絶大で、母も安心して旅することができたことを目の当たりにしたのですが、同じことをキャンナスでもできたらと考えたのでした。


現在は、重い障害のある方や、呼吸器を使用している寝たきりの方、難病の方の外出をお手伝いするなど、活動の幅を広げてきました。

2015年7月2日 たけちゃんのコピー

2015年7月25日 服部さんのコピー

2015年10月8日 山田さん3 のコピー



2015年12月9日大嶋くん5のコピー


くらしケアは、医療保険や介護保険でサービスを提供する会社ですが、医療保険や介護保険でサービスを提供できない分野(外出同行や、結婚式等の付き添い)はキャンナス岐阜が対応、という感じです。

キャンナス岐阜では随時、ボランティアナースの登録を受け付けています。

興味のある看護師の方は気軽に問合せていただけるとうれしいですね。

10857903_635820459874088_8620344471367761544_n
左から、梅澤さん(キャンナス本部)、須田さん(キャンナス犬山代表)、富士さん(キャンナス名古屋代表)、弊社永井(キャンナス岐阜代表)、菅原由美氏(キャンナス本部で創始者)、そして私



キャンナス岐阜ホームページ → クリック

ボランティアナース登録フォーム → クリック









いつもありがとうございます。
くらしケアの直野です。


昨日は神奈川県藤沢市のキャンナス本部にいました。

クルマでその日に向かい、その日の夜に戻るというけっこうなスケジュール。 

なんせ翌日の仕事に間に合うよう帰ってこなければならないから初老のオッサンにはキツかったな。

藤沢には15時過ぎ到着。
UR都市機構とコラボしたという全国でも例がない小規模多機能事業所を見学した。

その後、富山でキャンナスを発会する方(立上げする方)とミーティング。
次に企業内保育を見学させていただいたのち、19時より医師会主催の講演を聴講。

21時に終了後、由美代表の経営する鎌倉のペンションへ移動、今日の振り返りをしたのち23時過ぎに帰路につくというスケジュールだった。

帰りは深夜の高速を徹夜で運転。 トラックに囲まれながらの移動だ。
速度80キロの安全運転で寝ずに帰ってきた。

そして朝を迎えたころに帰着。
自宅で仮眠をとりシャワーを浴びたのちそのまま仕事へ突入。 複数のアポイントと事務作業をこなして今日の仕事は20時で終了とこんな感じだ。

いまは眠い目をこすりながら今日のノルマ(このブログ)を書いております。
ハイ。


さてさて。

キャンナス本部へ向かった主な目的は企業内保育について知りたかったから。 (他にもあるがここでは割愛)
キャンナス代表で創始者の菅原由美氏(以下、由美代表)が運営する企業内保育の視察と開業ノウハウについて教えを請うためだ。

由美代表は、藤沢エリアで訪問看護や訪問介護、小規模多機能など多数の事業を展開している方だが、企業内保育園もいちはやく取り組んでいたので「わからないことは聞けばいい」と藤沢へ乗り込んだ。


藤沢へ到着し、まずは画期的な小規模多機能事業所の取り組みを見学。
「ぐるんとびー」という介護事業所を見学させていただいた。
(注:ぐるんとびーは由美代表の息子さんが経営)

こちらの小規模多機能のすごいところはURの巨大な賃貸住宅のなかで事業を行っているということ。
全国でも例が無いらしい。 

ぐるんとびーについてはこちらを参照



私が住む愛知県でもURの巨大な団地があるが、小規模多機能事業所が内在した形態は確かに聞いたことがない。




25
 ※小規模多機能事業所内で記念撮影


そして次は、富山でキャンナスを発会(立上げ)する方とミーティングをしたのちこの日いちばんの目的、由美代表の運営する企業内保育所を見学させていただいた。


41
※写真を撮るのを忘れちゃったので、由美代表の投稿からお借り。


実はくらしケアでも保育園を持ちたいと思っていて、開園の可能性を模索している。
理由はウチでは働く看護師のためにも企業内保育の必要性を感じていることと、地域で在宅医療を支える他の訪問看護ステーションで働くパパママナースのために必要だと考えたから。


見学させてもらって思いましたけどね、もうね、絶対に保育園をつくりたいぞ。

なんせチビッコが可愛すぎる^ ^

オムツ交換は自信がないけどチビッコに「遊ばれる」のは自身がある(笑)


保育園見学後は藤沢市医師会へ移動。 医師会が主催する多職種連携に関する講演を聴講した。


35


スピーカーの太田秀樹先生は岐阜高校出身で、岐阜に縁のある先生だとわかった。
栃木の在宅医療領域では超有名人らしい。(らしいと書くのは私は門外漢だから)

しかしなんだろう。話が面白すぎる。
医者のクセに話が面白すぎてジェラシーを感じた。

なぜなら頭が良くて医者というだけで凄いのに、お笑い芸人なみに話が面白いだなんてズルいじゃないか。
子供の頃、私の父親が「天は二物を与えず」と言ってたのに(笑)

・・・と、冗談は置いといて。
とてもいい話だった。

感想としては在宅医療はこれからの医療の本流だいう事と、主役は絶対に看護師だってこと。 
くらしケアの理念「看護の力で地域を変え社会を変える」というのは間違ってないと改めて思いました。


午後9時過ぎに医師会をあとにし、由美代表の経営する鎌倉のペンションへ移動。
お弁当をいただき情報交換をして帰路につきました。

夜通し寝ずに走ったのでかなり眠いですが、今日の仕事も無事に終えることができました。 



振り返ればキャンナスと由美代表との出会いは3年前にさかのぼる。
キャンナス犬山発会式のときにお目にかかり、キャンナスを岐阜で立ち上げたいと相談したのがきっかけだ。

「あなたたちが発会すると全国70番目のキャンナスよ!」と由美代表に云われてキリのいい数字に舞い上がり、のちにキャンナス岐阜の代表を務める永井とよろこび勇んで発会式の準備をしたのもつかの間。「ごめん。あなた達は71番めだった(笑)」と、発会式の直前に、由美代表から悪びれずに云われて苦笑いしたあの瞬間から3年。


【キャンナス岐阜発会式の様子】
由美代表
由美代表の講演

ハートのある町へ
発会式の集合写真

ハートのみんな
 発会式終了時の写真


あれから3年たったいま、由美代表はいまだに私の名前を覚えようとしない。
その証拠に先ほどの2枚の画像をもういちど見て欲しい。


25

由美代表が投稿した文章の3行目だ。
由美代表がこの写真を撮影したのは午後4時ごろだが、この時点で私の名前は「直枝くん」だ。


そして次の証拠はこれだ。


35

この写真は藤沢市医師会で午後9時ごろに由美代表が撮影したものだが、5行目を読めばわかる。
このときの私は「直江さん」に変わっているのだ。

この間、たった数時間だ。 

由美代表に言いたい。
私の名前は直枝でもなく直江でもなく直野だ(笑)


由美代表に出会って早くも3年。
彼女はいまだに名前を覚えてくれないけど、いまはもう悲しいを通り越してうれしいぞ。(笑)

こうなったらもう直美でも直子でもなんでも来いだ。


50
※3年前の10月に初めて出会ったときの写真



そんなお茶目な由美代表だが、昨日、うれしいことがあった。

それは「僕が義足だ」ということに気づいてくれたことだ。 
本音を云う。うれしかった。
超うれしかった。
私はもうそれだけで十分だ。

由美代表、いつまでも素敵に輝き続けてください。




◎くらしケアの公式アカウント。QRコードまたは友だち追加してね。
 病気のこと障害のこと将来のこと・・・くらしケアへLINEで直接相談できるサービスも準備中です。

ファイル 2017-10-15 午後7 46 03

友だち追加




◎看護の力で地域を変える仲間を募集中です。


◎代表へ直接のお問い合わせはこちら。


◎くらしケアのホームページです


◎代表のFacebookはこちらです。
(友達リクエスト&フォロー大歓迎。メッセージを添えてね☆)


◎Facebookページにいいねを押していただけると嬉しいです。
 くらしケアFacebookページ












57


4月17日に可児市で開催するキャンナス岐阜のイベントチラシです。 (申込締切りは3月じゃなくて4月15日の間違いです)

お時間のある方はぜひ。
 
医療関係の方、看護師や保健師さんの参加もお待ちしてますね。



さてさて。

このイベントを企画しようと思ったのはふとした気付きから。

あるお友だちのFacebook投稿を見たのがきっかけです。

その投稿には重い障がいのあるお子さんが意思伝達装置で意思表示している様子が映されてたのですが、正直なところ意思表示できるお子さんには見えないのでかなりおどろきました。 

12642602_581090048713101_419005199770527313_n
※写真をFacebookからお借りしました m(_ _)m


これを見た瞬間に思いました。 

知的障がいの人たちも、脳内では明確に意志があるんじゃないかと。

伝えたい言葉も脳内でははっきり浮かんでるし、私たちの言葉もキチンと理解しているのかもしれないと。

それが、身体機能的な問題で意思伝達できないだけだとしたら…

こんな苦しいことはありません。 


また、「もともと意志がないもの」と周囲が思い込んでいたり、あきらめていたり、決めつけていたとしたら、こんな哀しいことはありません。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?




キャンナス岐阜では筋ジストロフィーの患者さんやALS(筋萎縮性側索硬化症)患者さんの支援をしていますが、これらの病気は、ふつうの人と同じように意識はあるまま身体の自由が失われていく難病です。

頭の中では伝えたい言葉が明確にあるのに話すことも身振り手振りもできないというその心痛は筆舌に尽くしがたいものがありますが、一方で、生まれながらに、あるいは幼い頃に重症心身障がいになった子どもたちも、ひょっとしたら意識レベルでは伝えたい言葉があるかもしれない。

なのに身体機能の問題で伝えられないのであれば、とても辛いことです。 

それが「何らかの方法」で伝えることができれば自立につながるハズだし、とても素敵ですよね。

ファイル 2016-03-06 午後0 45 37
※指談でコミュニケーション。ちゃんとコミュニケーションできることを知りました。


ということで、これは伝えなきゃと思った次第です。

イベントでは、非言語でコミュニケーションをされている2組のご家族に登場いただきます。 

指談という方法で意思伝達する親子の体験談、意思伝達装置を使ってコミュニケーションを取る家族の体験談と、キャンナス岐阜の勉強会では定番?になりつつあるライブもあります。

障がいがあるからとあきらめるのはなく、可能性を信じて日々を暮らしている素敵な親子の物語を通じて、誰にでもある「無限の可能性」について考えてみませんか?


イベント詳細は以下から。

・Facebookイベントページはこちら

・キャンナス岐阜ホームページはこちら


それではまた。
I’m OK, you’re OK♬










事務局を務めるキャンナス岐阜。
写真は勉強会での様子で とても心あたたまる勉強会になりました。
参加していただいたみんなに感謝。
 

IMG_3581


勉強会の前には主役で筋ジストロフィーのOさんとランチしたり。
JR岐阜駅モスバーガーでランチしたんだけど本当に楽しかったなぁ。
モスの店員さん、最初は戸惑ってたけど(笑)
最後はとても親切にしていただいて嬉しかったです。

  

FullSizeRender記念撮影。
キャンナスのキャッチコピー「ハートのある町へ」にちなんで全員でハートマーク。


    

そして懇親会。 こちらも楽しくて楽しくて。
つい飲み過ぎて終盤は寝ちゃってましたけど(笑)

第3回の勉強会も楽しく過ごしたい。
 

・・・ということで、第3回のイベント案内をご紹介します。
絶対に楽しいイベントにしますのでよかったら参加してくださいね!
詳しくは以下をご覧ください(^_-)-☆

【イベント案内】
第3回キャンナス岐阜勉強会

日時:2016年1月16日(土)14時~16時
場所:シティ・タワー43 まなびルーム
定員:40名(先着順)
対象:どなたでも!
参加費:1,000円
講師:新生児内科 寺澤大祐先生
テーマ:「いのちの理由〜赤ちゃん医療の現場から」

講師のご紹介
2004年3月 宮崎大学医学部 卒業
2004年4月 高山赤十字病院 初期研修医
2006年4月 岐阜大学医学部附属病院 小児科(救命救急担当)
2007年4月 岐阜県総合医療センター 新生児内科
「眉山」(さだまさし著、幻冬舎、2003年)の医学監修
障がいのある弟のために小児科医に。
ドラマ「コウノドリ」のようなとってもステキなドクター☆

講演後、サンビレッジ岐阜さんのフロアにあるグランドピアノでピアノの生演奏をお願いしました!
ピアニスト寺澤先生もお楽しみに☆

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼


くらしケア代表のブログランクはいま何位?





このページのトップヘ