写真 2018-11-19 午後2 31 46


来年1月のオープンに向けて準備を進めている名古屋市千種区の訪問看護ステーション。

名称はいろいろ悩みました。

千種を入れるべきなのか、リカバリーのワードを入れるべきなのか、ACTを入れるか。。

で、結局は名古屋の第1号だから、岐阜と同じようにくらしケア名古屋訪問看護ステーションに落ち着きました。


念願の名古屋進出の完成形。

ようやくというか、やっとというか、あと少しで悲願が実現できそうなところまで来ました。

昨日はデスクや相談室の整備を行いました。


名古屋で訪問看護を行う場合、営業する前から事務所を整えて写真を添付しなければ申請ができません。

なので、まだしばらく使わないデスクやイス、相談室、電話など、いつでも営業できる状態を整えたうえで、写真を撮影し、書類に添付して届け出なければ受け付けてもらえないから大変です。

写真 2018-11-19 午後2 04 46


岐阜の場合は図面さえあれば良く、写真の提出は求められない。

だから岐阜と名古屋では大違いなのです。


事務所を使わないうちからすべて用意しなければならないから家賃もかかります。


でもそんな苦労はどうでも良かったりします。

なぜなら岐阜で展開する事業モデルを名古屋で再現できるから。


個人的にはこの事実がとにかく感慨深いから、こんな苦労の大小はどうでもよかったりします。


第一に、このチャレンジが叶うのは「くらしケアのために」と自己犠牲覚悟で単身赴任してオープンをサポートしてくれるスタッフの存在があり、そしてくらしケアに縁あって入社してくれる人が現れてくれたから叶うものだから。


そして、くらしケアを待っている名古屋の人たちにサービスを届けられることができるのだから。

少々の苦労など構っていられないのです。


「名古屋の皆さん、おまたせしましたっ!」と叫びたい気分です。


あ、そうそう。

そういえば昨日の夕方にこんなことがありました。

名古屋在住の方からお電話をいただき、「1月にくらしケアがオープンすると知ったので、いちど話を聞きたい」とお問い合わせをいただいたのです。

まだオープン前にも関わらず、です。

くらしケアをチェックしてくださる方が名古屋にもいらっしゃっることを知って感動しました。

名古屋に訪問看護ステーションはたくさんあるにも関わらず、それでもくらしケアに興味関心を持って電話をいただくことの意味を思うと涙腺がやばいことになりました。

頑張って来てよかったなって。本当にそう思います。


くらしケアは一般的な訪問看護を超えた訪問看護師が集まる団体。

名古屋で生きづらさを抱えている人たちの明日が、少しでも待ち遠しい日々に変わるよう1月から全力で頑張りますのでご支援よろしくお願いします!

m(_ _)m


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?