旧くらしケア代表のブログ(noteに引越しました)

障害者の親なきあと問題の解消を目的に株式会社くらしケアを設立。精神障害者の地域包括ケアなど、精神科訪問看護を軸に総合的な支援を展開しています。最終的な目標は誰もが暮らしやすい偏見のない社会の実現と、途方もないことを思ってます。大腿義足ユーザー、がんサバイバーでもあります。 メッセージボードもご覧ください!

「代表が何を考えているかわからない」
ある日突然、男性看護師2名からいわれたことで始めたブログ。約一年間、毎日書き続けたものです。

noteに引っ越していますので、続きにご興味がある方はこちらへお願いします。
【新しいブログ】
くらしケア代表の訪問看護記録II
https://note.com/naono_consul

新規事業の立ち上げや事務所の移転を控えていることもあってか、時間がいくらあっても足らない状況です。

また、くらしケアのご利用を希望される方は増える一方で、慢性的な人員不足です。 

他方では看護師さんのご応募もたくさん頂いていますが、採用を妥協しないためすぐに増員には至らずですが…それでもこの状況はありがたいことに変わりはありません。 

過去のブログにも書きましたが、ウチは看護師に営業をさせないと決めているのですが、営業しなくても多くのご利用者様に選んでいただけるのは、スタッフが理念を理解しながらそれぞれの持ち味を発揮してご利用者様を思い、良い仕事をしているからだと思います。

そんなスタッフだからくらしケアで働いていて良かったと思ってもらいたい。だからいつもスタッフの満足度を意識しています。

なぜかと言えば、サービスを提供しているのは会社ではなくスタッフだから。スタッフが充実感を感じ、満足しなければご利用者様に良いサービスを提供することはできないと考えているからです。

5f98669e80aa1389036657f0ab3d078d_s

これはちょうどシャンパンタワーに例えると分かりやすいと思います。
最上段のシャンパングラスが自分、2番めから下のシャンパングラスは自分に関わる人々。
最上段のグラスをシャンパンで満たすと徐々に下のグラスも満たしていきますが、人の心も似ていて自分が満たされていなければ他人を満たすことはできないと、そう思うのです。

とはいうものの、スタッフのために私が十分にやれているかというとまだ不十分だと思います。いや、ぜんぜんダメかもしれません。お給料だって十分なお給料を払えていないと思います。それでも頭の中はいつも、どうすればもっとお給料を払えるようになるのかと考えたり、どうすればこの会社で活き活きと働けるようになるかなど、頭のなかでグルグルと考えています。

そのために私がやっていることは言葉にすること。このブログもそうです。
私は「言葉にしたことは実現する」と思っていて、目の前の現実の多くは言葉にしたことで実現しているから、言葉にすることにポイントがあると思っています。(ちなみに私は無宗教です)

ご利用者様に喜んでいただくためにもまずはスタッフから。ご利用者様のために一生懸命に取り組むスタッフこそ幸福にならなければならないと思うので、経営者として昨日より今日、今日より明日をいかに良くしていくかをいつも考えこれからも頑張っていきます。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?




























a4c6ede7bccb0c3c63fe5f57587beed9_s


突然ですが、ダイエットします(笑)

最近は好きなものを意識せずに食べてましたが、一方で痩せなきゃと思う自分がいます。

このような自分に甘い考えでは体型のみならず、様々なことに甘さがでてしまうと思え、ここでダイエットを決断、しばらく自分に厳しく行こうと思います。

僕は義足なので義足を快適にはくためにも体重コントロールが欠かせないのですが、最近は義足の問題以上に自分の体型や見た目に問題を感じるようになりました。

このままではデブなオッサンになってしまうので短期間集中でダイエットすることにしました。

実は加圧トレーニングに通うなどして筋トレを行っているのですが、年齢のせいか筋肉量は増えても脂肪が落ちません。なので食べる量を減らして有酸素運動を組み合わせるなどして痩せたいと思います。

次のリンクは過去ブログですが、実はいまから4年前にダイエットを試みたことがあります。

たった19日で5キロダイエットした方法(最終回)


このときはダイエット開始後19日で5キロ減らしましたが、この経験を目安に今月中に5キロ減を目指し、そして、順調に行ければもう少し絞れたらと思います。

スタート時点の体重は、義足をはかない状態で65.5キロ。ここからスタートです。

デブなオッサン経営者より、適度に引き締まったスマートな経営者のほうがいいと思うし・・・ね。

「やればできる」を体現するのが僕のテーマでもあるので実現目指して頑張ります。


しかしお腹すいたな…













ほぼ連日のように看護師さんの面接をしています。
本当にありがたいことです。

はじめの頃は採用に苦労していたからただただ感謝するばかりです。

まぁ面接といっても実際に行うのは私ではなく看護師の責任者たち。
部長や訪問看護の責任者にまかせています。

時には最終面談者として私が面接することはあります。
けれどもやはり看護師の採用は看護師がやったほうが良いというのが結論です。

なぜなら一緒に働くのは彼らや彼女たち。
「一緒に働きたいと思える人か?」の判断は現場に任せたほうが良い採用ができます。

会社の成長に良い人材は欠かせませんが、大きくなった会社、成功した会社は例外なく採用を重視しています。
「1に採用、2に採用、3、4がなくて5に採用」という先輩経営者もいるくらいで、採用を経営の最重要課題だと捉えています。
くらしケアのカルチャーにフィットする人材は、理念を理解してくれる人、または理念を理解しようと努力する人で、そうした人には良い環境を提供することはできる自信があります。

しかし、面接のときからお金や休みの日数などの待遇の話が前面に出る人は、たぶんウチでは期待に応えられないので採用には至らないでしょう。
働くことは生活するためというのは否定しませんが、ご利用者様のお困りごとの解決や希望の実現を手助けしていけば結果的にお金はついてくるものだし、ケアにあたる職員は法人の理念の体現者であるべきなのです。

例えば「自分が利用者だったら?」とか「自分が患者だったら?」と考えてみたとき、どういう人に関わって欲しいかを考えてみると、その思いがイメージできる方なら採用したい方です。

それに「素直でいい人」であることは大事だなって思う。
そういう人は一生懸命だし吸収も早いから。

その点、素直で良い人が集まってくれているくらしケア。
良い採用ができていることで会社はますます成長していくような気がしています。

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?

4月分給与より正社員を対象に昇給を実施した。
お恥ずかしい話だがくらしケア始まって以来、初の昇給だった。 
経営者として未熟者さは相変わらずだが、またひとつ夢を叶えることができた。 

また今回から新しい給与体系も導入し、一部職員には昇格も行わせていただいた。


2年前に実質2人で始めたくらしケア。
文字通り何も無いなかで、すべて手探りでやってきた。
いろんなことが未整備で追いついていないこともたくさんある。

経営を軌道に乗せるうえでバックオフィスを充実させることが重要だとは分かっていても、創業当初の売上も利益も伴わないうちは何でも自分たちでやるしかなかったが、あれから2年が経ち、皆んなの頑張りのおかげで財務的体力がついて来るようになった。優秀な仲間もどんどん加わってくれるようになり会社全体が新しい成長局面に入りつつあることを実感する。

事業開始後しばらくは自分の給料も取れなかった。職員にボーナスも払えなくて情けない思いもした。
1年前の4月時点では人事考課も勤務評定制度も未整備で、昇給や昇格の仕組みもなく、ただ経営を起動に乗せることで精一杯。
会社を去っていく人の背中を見送る苦い経験もありました。

それでも信じて会社に残ってくれている仲間のおかげで経営は起動に乗り、勤務評定制度も運用段階にこぎつけたことで昇給や昇格の仕組みも一応は作ることができたのだから、仲間の皆には本当に感謝したい。

ただ、一般的な病院勤務の看護師の給与水準に比べればまだまだ取り組まなければならないことがたくさんあると思っている。病院には医師が居るからか、全体として収益が大きい。そのゆえに看護師や事務員に分配できるお金が多く、訪問看護に比べると給与水準は高く設定できる。

しかし訪問看護は訪問看護だけの収益のみでやっていかなければならず請求できる単位がそもそも違う。病院の場合は患者が自ら来るが、訪問看護は自ら出向いて行くのだから一日で回れる件数に限界がある。

条件が大きく異なるなかで、病院勤務と同水準かそれ以上のお給料を払うには、新しい事業も加えながら、法人全体の収益を増やしていくしかないと思うのだが、くらしケアなら実現できると思っている。

すでに働きやすさは病院勤務に遜色ない体制がある。
だから次は病院勤務に遜色ない給与水準を実現させたい。

くらしケアはいずれ病院勤務の給与水準を超えていく。
常識を壊しながら実現を目指していきたい。


541d92a9c730a13dc39b036c76fa0e52_s





























この「そば」にはまっております(笑)





写真は更科の冷やしたぬき。
「いまいちばん好きな食べものは何?」と聞かれたら即答でコレと答えます。

夏はもちろん、冬でもほとんどのお客さんが注文している看板メニュー。
シンプルだけど本当に美味しくて何度も食べてますがまったく飽きないんですよね。


更科ホームページ
※ホームページがあることを今知りました(汗)


写真は並盛りですが、ダブルやトリプルという呼び名の大盛りも選べたりします。
僕は並しか食べたことがありませんが、並でも十分なボリューム感があります。

写真の冷やしたぬき、見た目には通常の冷やしたぬきですが、実は知る人ぞ知る裏メニュー。
その秘密はまた別の機会に書きますね☆

岐阜に来た際には更科の冷やしたぬきをぜひお試しください。
オススメです。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?

















「強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ」

これはダーウィンの有名な言葉ですが、看護の業界もこれから大きな変化が待ち受けていると云われている。

在宅分野で技術や腕を磨いておくことは、若い看護師ほど早いほうが良いように思う。


別に私が訪問看護ステーションを持っているからポジショントークをしているのではなく、本当にそう思うから。

人工知能(AI)の発達で多くの仕事が機械やテクノロジーに置き換わる。その結果、人間の仕事が激減すると云われる時代がもうすぐそこまで来ているが、それでも看護師は無くならない仕事のひとつに数えられている。

現在でも看護師は人材不足。
超売り手市場だと云われているから、看護師を目指す若者が増加するのは当然だろう。

しかし最近は大学の定員割れの問題もあり、看護学科を持つ大学がかなり増えた。
その結果、多くの看護師が労働市場に送り込まれることになり、この傾向はますます加速すると云われている。

一方で、医療費の削減は待ったなしで、病床数を減らす流れは止まらない。
国は地域包括ケアシステムを促進させたいばかりだから、看護人材の不足も時間によって解消されていくだろうと思われる。

2000年台前半、国は裁判員制度の導入を機に弁護士試験の合格者数を増やすための施策を打ち、弁護士が急増した結果、「食べていけない弁護士」が急増、現在もその影響は続いているが、弁護士ほどにはならないにせよ、昨今の看護学科急増を見る限り、2025年以降は看護師が余る可能性はあると思う。

在宅領域と病棟とでは求められるスキルの異なる部分がいくつかあると聞く。
例えば在宅領域ではマナーをはじめ接遇の技術が求められるが病棟ではあまり求められない。

特に学ばなくても問題なく出来る方なら良いが、自信がない方もいるだろう。
今後、病棟での求職ニーズが減り在宅領域での求職ニーズが増えるのは確実だから、早めに在宅領域へ目を向けたほうが良いという考え方は持っておいたほうが良いだろう。

b06bcf20b3f8091925a4c94dd34c958a_s



いまは大きな時代の変化に真っ只中にあるが、変化はゆっくりだから気づく人は少ない。だが私はこれからの10年でこの業界にも大きな時代の変化が起こると思う。

我々が取り組む精神保健分野での訪問看護はロールモデルが少ないが、いま既に取り組んでいる以上、10年後には確実にロールモデルのひとつになっているだろう。

「強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ」

生き残るというとやや大げさに聞こえるが、働く場所ではなく患者に寄り添う気持ちがある方なら、時代の変化も見据えたキャリアプラン・ライフプランを描いておくことが未来を決める。

そのために必要なことは少しばかりの覚悟だろう。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?






























4月6日、フェイスブックにこんな投稿をさせていただきました。

(友だちになっていない方は、どうぞご遠慮なく友だちリクエストしてくださいね!)

********


【ピアノ寄付のお願い】
ご家庭等々で使わずに眠っているピアノがあればおゆずりいただけないでしょうか。4月18日に移転する岐阜市中鶉のくらしケアの社屋にピアノを置き、重い障害のある子どもたちや医療的ケアの必要な子どもたちと一緒に音楽を通じた日常を過ごせたらと考えています。もしお心当たりがあればダイレクトメッセージいただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。


********

この投稿後、一日も経たないうちに4名もの方からピアノをお譲りいただける情報をいただきました。

そのうち1台はなんとグランドピアノ。

お申し出いただいた方にご連絡をさせていただき、輸送コスト等も考えつつ最終的に決定したいと思います。

皆さまの暖かな気持ちに感謝の一日でした。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?


b2c522633fdc990132177f86616f2954_s


















今月移転予定の事務所の環境整備を始めていますが、この日はデスクとイスをスタッフと3人で組み立てました。

最近のオフィス家具は組み立てが簡単なので助かりますね。
(重さはありますが・・・)

ファイル 2018-04-06 午後9 01 06


くらしケアの事務所は基本的に特定の席を設けないスタイル。

イマ風にいえば「フリーアドレス制」というタイプで、新しい事務所もその考え方にもとづいています。



新しい事務所の広さは292平方メートル(約88坪)で平屋建て。

現在の岐阜市茜部の事務所の約6倍の広さですが、不思議と家具を配置していくとどんどん狭くなります。


今回、スタッフ2名と私の3名で、テーブル5コとイス14脚を2時間で組み立てました。

次の予定を考慮すると2時間で終える必要がありましたが、やればできるものですね。

一緒に組み立てに関わってくれた溝口さんと吉竹くんに感謝です。



正式移転の4月18日まであと12日。

楽しみです。


ファイル 2018-04-06 午後9 01 45


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?
























このページのトップヘ