※3月21日 正午にタイトル変更しました。


看護人材を募集していますから、当然、面接をおこなうわけですが、その際によく聞く声に次のようなものがあります。

 ・患者様やご家族にもっと寄り添いたいけど忙しくてできないジレンマ
 ・退院後の患者様の生活について
 ・訪問看護にチャレンジしたい
 ・人間関係がうまく行かない
 ・子育てとの両立がむずかしい

他にもたくさんありますが、訪問看護への転職動機として主にこうした声があります。


看護師になった動機については「母親が看護師で母に憧れた」「家族が入院したときにお世話になった看護師さんに感動した・憧れたから」というように、看護師になるべくしてなった方がとても多い。

しかし、実際に看護師になってみると理想と現実のギャップを抱え、悩みながらも看護師がもつ責任感の強さゆえに、そのまま頑張りすぎてしまう方も少なくないようです。

そんな折にくらしケアを知り、求人に応募してくれています。

くらしケアの在籍スタッフはインターネットや求人情報で知り応募してくれた人たちですが、事業スタートから4年目を迎えた現在、在籍する看護師数は18名。
この4月に2名、6月に1名、7月にもう1名加わってくれる予定です。

おかげさまで求人への応募はたくさんいただきますが、残念ながら不採用通知をお送りしなければならないことも数多くあります。

申し訳なく思いますが事実です。


1880b1c164f39a51223bf3a2bfefba25_s

では、どういう方を採用しているかというと、ヒントは冒頭に挙げたこの記述です。

 ・患者様やご家族にもっと寄り添いたいけど忙しくてできないジレンマ
 ・退院後の患者様の生活について
 ・訪問看護にチャレンジしたい
 ・人間関係がうまく行かない
 ・子育てとの両立がむずかしい

要するに、患者様に寄り添いたい、看護師に憧れたときの思いに立ち返りたい、子育てをしながらもしっかり看護に向き合いたいという思いが強い方です。

選考要素は他にもたくさんありますが、夜勤がない、オンコールがない、働きやすさに興味関心が強い方はどうしても採用しにくくなります。

働きやすい環境を作りながらオンコールなしで経営を成り立たせるというのは、訪問看護経営者ならけっこう難しいことは実感があると思いますが、会社が小さなうちは、働きやすさ重視の方を雇う余裕がありません。

ごめんなさい。。

逆に、患者様に寄り添いたい、看護師に憧れたときの思いに立ち返りたい、子育てをしながらもしっかり看護に向き合いたいなど、看護師になろうと思った動機や夢が明確で、理想と現実のギャップを感じてジレンマを感じている方であれば、そのギャップをくらしケアならある程度は埋められると思います。(ある程度と書くのは100パーセントはありえないから)

幼いころ夢見ていた看護師という仕事、目指していた看護、やりたかった看護を少しでも実現できるように、会社としてバックアップすべく努力します。



ということで、そろそろ結論。

いつか転職したいと思ったときにはくらしケアを思い出していただけたらうれしいです。

(弊社ホームページ

探していた看護のしごと、職場環境が見つかるかもしれません。


そして、いま転職を考えている方は、転職相談フォームをご活用ください。

それではお会いできることを楽しみにしております。



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?