「自分の会社を知り合いや友人に紹介したいか」と聞かれたらどう答えますか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会社を立ち上げたばかりのころは人材の確保でずいぶん苦労しました。

まだ名もなき小さな会社に人がどんどん集まってくるはずがないから仕方のないのですが・・・。

ハローワークに求人を出しても応募がない時期は長く続きました。

求人広告を出しませんか?とフリーペーパーの営業を受けるも広告料が高くて手が出ない。

それに出したところで確実に応募があるわけではないからどうしても躊躇します。

あいにく私に看護師のツテはないから、ミーティングの席で、当時在籍していたスタッフにダメ元で人材紹介をお願いしたことがありました。

すると帰ってきた答えは「いつ潰れるかわからない(小さな)会社には紹介したくない」と断られました。

同じ時期に、岐阜市北部の比較的大きな総合病院が87億の負債を抱えて倒産したのですが、大きな病院が倒産するくらいだから、まだ始まったばかりのウチが安泰とは言えるはずもなく…あのときを含め、サラリーマン時代に経験したことのないような、やるせない思いを感じることがいろいろありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f2a43b356c8ad3b169c633b61d129872_s


3年前は確かに小さかった。まぁ、いまでも小さいけれど3年前とはまったく違います。

社会的信用も増して資金調達も格段にやりやすくなったし、行政を始め応援してくださる関係機関も増えました。

仕事に誇りを持ち、日々を頑張る仲間もたくさんいます。

会社に興味関心を持って求人に応募してくれる方も格段に増えたし、何より会社の目指す方向性に共感して応募してくれる方が少なくないから非常にありがたいと思います。

でもね、これって自動的にこうなったわけじゃない。

意識して、努力して、苦しくても苦しくても明日を信じた積み重ねであり、それが今だと思います。

未来はまた違った景色になっているはず。

10年後も20年後もくらしケアは無くなりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回、なぜこんなブログを書いたかというと、ちょっと悔しいことがあったから。

悔しさですらレバレッジをかけるのがくらしケア流です。

引き続き頑張りますのでご支援よろしくお願いします。



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?