昨夜は精神保健福祉士が集う勉強会に参加していました。

テーマはベルギーの精神科医療について。

ある精神科医が「自費」で視察に参加した報告を拝聴しましたが、とても良い内容で、うちのスタッフにも聞かせたいと思えるほどでした。

私は医療関係や福祉関係の出身ではありませんが、無理やり時間を作ってこうした勉強会に参加しています。

殆どは業務終了後か休日開催の勉強会で、主に専門職の勉強会ですが、意識の高い人たちと関われるから良い刺激になっています。

いつも参加して思うのは、一見、ムダに思える内容かもしれないけれど、あとで振り返ると決してムダにはなっていない、ということ。

一見、役に立たないかもしれない、あるいは自分には関係なさそうだと、その瞬間は感じてもとにかく参加してみる。それを繰り返していると、ある日突然、点と点がつながり線になり、さらには面になることがよくあるのですが、それは損か得かを考えず、とにかく学びにいくからこそ起きる現象。

アイデアはそうした活動を繰り返すことで生まれます。

これ、伝わるかなぁ(笑)

学んだ瞬間は自分にとって意味があるかどうかはわからないくてもいい。でもとにかく数をこなして参加したことが「点」だとすれば、そのたくさんの「点」が増えることで点と点が線になり、「とてつもなく大きな面」になる。

無理やり例えるならシナプスのようなものといえば伝わるかな。

そもそも仕事を終えてまでわざわざ勉強会に集まる人たちだから、意識が高い人たちが集まっています。そんな人たちとの交流がムダになるはずがないと思う。

実際に体験したことがある人にはわかると思うのですが、どんな勉強会でも積極的に関わることで、いままで見えなかった景色が見えます。

その景色がどのようなものかは学ぶ姿勢がないと一生分からない。しかしそれではもったいないので、面倒でも顔を出してみることをおすすめします。



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?