9月26日のブログで義足の調子が悪いことを書いたのですが、現在も調子が悪いままです。

例えるならガラスの靴を履いてできた靴ズレみたいなものか

なので、いっそのこと義足を外して車椅子に乗ろうかと思い始めています。

最近はカッコいい車椅子も登場してるものね。

visual_2nd_a

義足になった頃、30年以上前のことですが、車椅子に乗るのに抵抗感がありました。

多感な10代だったせいか、「車椅子に乗る自分はきっとカッコ悪いだろう」と思ってたし、バリアフリーでも無かったし、車椅子で外出している人なんて見かけなかったし。

当時はまだまだ車椅子で暮らせる社会ではありませんから、とにかく義足で歩けるようになるしかなくて。

慣れるまでは大変でしたしトラブルもありましたが、いまはもはや義足はメガネやコンタクトレンズと同じで、ごく自然なモノです。

ただ、皮膚トラブルだけは悩みのタネなんですよね・・・。


現代はバリアフリーがかなり進んだから車椅子で外出する人を見かけることも増えましたよね。

WHILL(写真の車椅子)のようなカッコいい製品もある。

これまでは義足ユーザーの視点で社会を見てきたけれど、これからは車椅子ユーザーの視点で社会を見てみるとまた違う気づきや景色に出会えるかもしれないな、と。

それにね、くらしケアの経営や、情報発信にも一役買うような気がして、車椅子をポジティブに捉えようとする自分がいます。

だから、思い切って義足を外して車椅子を普段使いしてみるのもオモシロイのかなと思い始めてます。


問題はお値段ですね。

けっこうなお値段です(汗)


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?