81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s


看護師の方で転職サイトに登録している方はいますよね。

今回のブログでは「求人側の目線」で転職サイトについて思うことを書いてみたいと思います。

ーーーーーーーーーー

くらしケアは転職サイトからのご紹介は受けない方針で求人活動に取り組んできました。

理由はいろいろありますが、仮に転職サイトから看護師の紹介を受けて就職が決定すると、転職サイト運営会社に想定年収(正確には理論年収と呼ぶ)の25パーセントほど払わなければならないのですが、金額が高額すぎると感じるのが主な理由です。

例えば、想定年収が400万円の場合は100万円(税別)、500万円なら125万円(税別)を払わなければなりません。

これは小規模な訪問看護ステーションでは厳しいと思いますし、比較的大きな病院であってもけっこうな出費です。

転職サイトの仕組みは、

①転職に興味のある看護師をサイトで募る。

②ハローワーク等の求人をインターネットで下がる。

①で集めた転職希望者の方の情報を②の求人事業者に紹介する。

これだけの仕組み。


つまり、あなたが転職サイトに登録して就職すると、あなたの就職先は転職サイト運営会社にこれだけの費用を払わなけれなりません。

もともとはハローワークの転職情報を使っているに過ぎないのですが、転職サイトを介するだけで転職サイト運営会社に多額の費用を払わなけれなならないのです。

仮に転職サイトを通じて就職していただき、費用を払ったとします。

もしあなたが短期間で辞めれば多少は返金されるようですが、転職後に定着するかどうかはわかりません。なので辞めてしまったらいくらかの損失は発生します。

ーーーーーーーーーー

転職サイトの実態はいってみれば仲介業です。

売りたい人と買いたい人をつなぐ仕事をまったく同じです。

私は不動産仲介業で働いてきた経験が長いですが、例えばアパートの部屋探しのお手伝い(賃貸仲介)でもらえる手数料は家賃の1ヶ月分と法律で決まっています。

家賃は5万円なら5万円に消費税が受け取れる報酬の上限で、いくつもの部屋を紹介しても上限は決まっています。

他方、不動産の売買仲介の場合、土地を買って家を建てたい方に土地を紹介した場合の手数料は、取引価格の3パーセントと法律で決まっています。 
100万円の仲介手数料をいただくには3300万円の土地を売ることに匹敵するし、125万円の仲介手数料なら4160万円の土地取引に匹敵しますが、これほど大きな土地取引きの手数料と同等ということを意味します。

個人で3000万4000万円もする土地を買って家を建てる人は、岐阜の地域ではほとんどいないと思いますが、この100万円、125万円がいかに高額かはなんとなくご理解いただけるのではないかと思います。

ーーーーーーーーーー

ここからは私個人の考えです。

転職サイトに100万円払うなら、スタッフが喜んでくれることに充てたい。

100万円あれば、新しい事務所を開くことだってできますから、そっちに使いたい。

そう思います。


別に転職サイトの存在を拒否しているわけではありませんが、不動産仲介の経験者からすると、転職サイトの報酬は業務内容の割には異常に高いと感じます。


不動産は「モノ」です。そして取引にかかる手数料は消費者に明確に提示します。


看護師は「モノ」ではないうえに、手数料が支払われるかは明確にされぬままモノゴトが進む。

私はこの点にどうしても違和感を感じてしまうのです。

もちろん、ハローワークの情報では心もとないという声も聞きますし、転職サイトを利用する安心感やメリットも一定では理解していますが、それでもあなたがくらしケアに興味を持っていただけたのなら、仮に転職サイトに登録済みであっても、くらしケアへ直接ご連絡いただきたいと、そんなふうに思います。

くらしケアホームページ


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?