豊田佐吉をご存じでしょうか。

岐阜工業高校の生徒だったとき、当時受けた授業のなかでいまでも記憶していることのひとつに豊田佐吉のエピソードがあります。

豊田佐吉は1867年(慶応3年)に生まれた日本の発明家であり実業家で、豊田佐吉の成功がなければトヨタ自動車は生まれていなかったといわれる偉人です。

豊田紡織(現 トヨタ紡織)、豊田紡織廠、豊田自動織機製作所(現 豊田自動織機)を創業、トヨタグループの創始者でもあります。

640px-Toyota_Jinriki_Shokki


学生時代、最初に習ったのは、豊田佐吉が外国製の織機(いわゆる布を織る機械)を模倣して国内の織機製造に携わり、織機の成功をベースに「これからは自動車の時代が来る」と予見し、昭和8年に豊田佐吉が創業した豊田自動織機製作所内(愛知県刈谷市)自動車部を開業、これがトヨタ自動車の現在の発展に繋がっているということでした。

いまでこそ世界のトヨタですが、その原点は海外の織機のコピーから始まっている、という話です。



話は変わり、音楽の世界も同様です。

良い音楽は基になっている音楽があることが多く、ビートルズやカーペンターズなどの有名どころの影響を受けて生まれた名曲は多い。

よく「インスパイアされて」といわれるやつです。

いま活躍しているバンドやユニットも、何かのバンドやユニットの曲のコピーから始めていまの成功を勝ち取っている場合が少なくありません。

例えば私が愛してやまないXJAPANはアメリカのハードロックバンドKISSの影響を受けていると聞きますが、万人に愛されている音楽も模倣から始まっていることは少なくないのです。

模倣やコピーを繰り返すことで、影響しあい、いつの日にかオリジナルなものが生まれてくるというのは、バンド活動や曲づくりにはげんだことのある方なら理解できるのではないでしょうか。


そして私自身もそうです。

くらしケアという事業は完全なオリジナルではなく、様々なジャンルをかけ合わせて生まれた事業だと言えます。

成熟した現代において、完全なオリジナルを生み出すのは相当難しいと思いますが、何かと何かをかけ合わせたり組み合わせることで新しい製品やサービスが生まれていることはとても多い。

もしあなたが「何かを成し遂げたい」「何かを作りたい」といった願望があるのなら、完全なオリジナルではなく、模倣から始めたら良いのです。

どんな良いサービスも最初はコピーから始まるものだから。

コピーは新しく生み出すモノやサービスの基礎だから、恥じることなくコピーすればよいと思います。

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?