403f75c56cbc54b8ca288e960f80de80_s


アパートを出るときに「原状回復」という壁に直面しますが、現代はあまり難しく考える必要はありません。

普通に生活しているなら、基本的に借主が費用負担して直さなくても大丈夫です。

国土交通省は、アパートの原状回復に関するトラブルがあまりに多いことから「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を示し、貸主と借主の責任の範囲を明確にしました。

このガイドラインでは「入居者の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、入居者の故意・ 過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は入居者の負担とされています。

つまり、故意・ 過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損でなければ入居者はもとに戻す費用を負担しなくてOKとなりました。

例えば壁紙が日に焼けたというようないわゆる「経年変化」や、通常の住まい方、使い方をしていて生じた汚れや傷みをなおす費用は、入居者が負担しなくても良く、通常の使用による損耗等の修繕費用は毎月の家賃に含まれていると考えられるようになりました。

当然と言えば当然なのですが、生活していれば自然に古くなる箇所もあります。例えば壁紙や畳が焼けたり、冷蔵庫や洗濯機の後ろ側の壁紙の色が変わっていることもあります。モノをおけばクッションフロアは凹みます。

これまでは入居者がどのような使い方をしようが、すべて元通りに戻さなければならないというのが大家さんや管理会社の主張で、入居者は黙って従わざるを得なかったのですが、普通に生活していて普通に劣化していくものを入居者が負担するのはおかしい、となったわけです。

これを例えるなら外壁が経年劣化で古くなったから建築会社に直せというようなものですが、現実的に考えてムリがあるわけです。

こと原状回復に関しては、そういう理屈がまかり通っていたわけですが「それはあかんやろ」と国が明確にしたのです。

ですので「原状回復」と言っても、借主が借りた当時と同じ状態(例えば、クロスや畳表を新しくするなど)まで戻すことではないので安心してよいと思います。

ただし、タバコのヤニによる汚れは入居者の費用負担で直さなければならず、経年劣化ではないため、これだけはどうしようもないことだけは覚えておいてくださいね。

ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?