現在、保育士を募集しています。

勤務地は岐阜市中鶉のくらしケア本部。
放課後等デイサービスのスタッフとして勤務してくれるパート・アルバイトの方を探しています。

午後の時間帯で3時間以上勤務してくれる方、時給は1,000円(交通費は別途支給)です。
心当たりがあれば、ぜひご応募またはご紹介をお願いします。

放課後等デイサービス(以下、放デイ)と障がいのある子どもを預かる施設で、学齢期のお子さんを預かります。

開業の条件が緩く、事業者が受け取る報酬単価は比較的高いということもあり企業の参入が急増、5年で4倍とハイペースで増加しています。



38
※データは国民健康保険連合会のデータをお借りしました。



上記グラフを見てもわかるとおり、放デイに通う子どもは発達障害や知的障害のお子さんが約8割ですが、事業者は障がいが軽度なお子さんを預かる傾向にあります。

理由は面倒が見やすいという点と、経営効率の観点からだと思いますが、例えば「てんかん」を持つ子どもは預かってもらえないなど、原疾患を持つ子どもとその家族には厳しい現実があり、障がいの重い子どもや医療的ケアの必要な子どもは受け入れを拒否される傾向にあります。

その結果、障がいの重い子どもや医療的ケアの必要な子どもが通える放デイが無く、ご家族が途方にくれるといった現実があります。

経営を考えるなら、医療的なリスクを取るのは避けたくなるでしょうし、専門的な知識をもつ職員を雇うのも大変です。そして、報酬単価が同じなら、障がいが軽度の扱いやすいお子さんを預かりたくなるでしょう。しかしサービスを本当に必要としているお子さんやご家族が困っていると知ればなんとかして差し上げたいし、くらしケアの理念に照らしても、そうした方々こそ支援すべきだと思うから、新たに放課後等デイサービスを立ち上げることにした、というわけです。

定員10名のお子さんを5名の看護師・保育士スタッフで支援するため、スタッフそれぞれに負担がかからないような体制をとり働きやすい職場にするつもりです。

障がいの重い子どもや医療的ケアの必要な子どもが安心して通える施設を、くらしケアの看護師と保育士で作りたい。
そんな思いで始める「放課後等デイサービス・cocopark(ここぱーく)」の仲間に加わってくれる保育士さんと、どうにかして出会いたいと思っています。

ご紹介・ご連絡お待ちしています!

電話:058−214−6592(平日午前9時〜午後6時まで)
メール:info@kurashicare.co.jp(24時間OKです)




ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?