3574c13e5c9a7f4047de8d83c650a913_s

桜が満開ですねー。
汗ばむ陽気になりました。

3月も今週で終わりですが、相変わらずやること山積みな私です。

ブログを書いているいまの時間は3月26日(月)の20時。

事務所で書いています。 


実はこの時間帯に書けるのはまだ早いほうで、いつもは家に帰ってから書くので、書き始めはだいたい21時くらい。
書き終わるのは早ければ22時くらいかな。 

ブログは予約投稿できるので、書いた翌日の午前7時に公開されるようセットして寝ます。


書くことを思いつかないときはグダグダと悩みながら書いては消し書いては消しを繰り返し、さらに遅くなることもしばしばですけど、なんとか続けられています。

毎日更新が目的なのでたいした記事が書けていませんが・・・ときどきブログを書く頻度を減らそうかと考えてしまうこともあるんですが、せめて1年間は更新すると決めた以上、やるしかないです。


そんな今日も何を書こうかと迷いましたが、たまたま固定資産税の話になったのでそのあたりを書いてみます。

持ち家の方は4月も過ぎれば固定資産税の納付書が送られてきます。
数万円から数十万円の固定資産税を納めてね、と書いてあります。

親なきあとのことを考えるうえで住まいは重要ですが、土地と家がある限り、固定資産税は永遠に払わなければならず、税金の支払いからは絶対に逃れられません。

お子さんが障害年金だけで暮らしている場合、あるいは給与所得がそれほど無い場合で、親の家に住まわせることを想定している方は、固定資産税の支払いだけでも大変なので、そのあたりも考えておく必要があります。

しかしながら最近はシェアの時代。
所有にこだわるより借りたほうが豊かな暮らしがしやすいかもしれません。
なぜなら借りる場合は、維持にかかる税金等の支払いはありませんから。

グループホームや支援つきのアパートで暮らすのもシェアの発想です。
親なきあとはひとりで自立して暮らして欲しいと願うなら、いきなり生活環境を変えるのも無理があるので、徐々に準備しておくべきでしょう。

親なきあとは親あるうちに始めましょう。
早めに備えることで憂うことがなくなるハズです。

喉元過ぎれば熱さを忘れるなんとやらではないですが、高い税金も払ってしまうと考えることを忘れがち。

今度の固定資産税を払うときは、少しだけ親と子のライフプランを見据えて払ってみましょう。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?