o0480027014117910800


また岡山でA型事業所の破綻のニュースが飛び込んできた。

岡山県倉敷市でA型事業所を運営する「フィル」が3月15日、利用者に対し、同日付で事業を停止すると通告。

破産手続きに入るとともに、利用者や職員ら計約260人を一斉に解雇。

この会社は倉敷市内でA型事業所を3カ所、岡山市内で産直市場を運営しているそうだが負債総額は6億円を超えるとのこと。

障害福祉事業所でこれだけの負債を調達できたことは驚きに値するが、この会社を信用して働いてきた職員や利用者、資金を提供した債権者は気の毒でならない。

しかし最近はA型事業所の経営破綻が目立つが、いったい何が起きているのだろうか…

この経営破綻を機にA型の創業支援を手がけていたコンサルタント業者に対しても調査が入るらしいが、個人的にはコンサルタント業者の責任もかなり大きいと思う。

これ以上、犠牲となる人が増えないことを祈るばかりだが、最近までコンサルタントが派手にやってたし、A型の閉鎖や破綻はまだまだ増えそうな気がしてならない。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?