2105517_201802120802997001518431998c
 画像はネットからお借りしました。


仕事を終えて帰宅したところ、中2の息子が「テレビに盲目の芸人が出てておもしろかった!」と云う。

私は普段、テレビを見ないのですが、盲目というキーワードが気になり、テレビのほうへと目を向けました。

画面はちょうど得点発表の最終段階の場面でした。


そして盲目の吉本芸人「濱田祐太郎」さんが最多得点で優勝。

白い杖を持つ視覚障害者が賞金500万円を受取り、表彰される場面を目の当たりにしました。


帰宅したタイミングが遅かったので、ネタそのものは見ていません。

でも、視覚障害者がハンディを抜きにして「笑いの中身で評価された」瞬間なんだと直ぐに理解しました。

程なくして番組は終了しましたが、いまはYouTube等々で直ぐに動画を見れてしまう時代。

なので、さっそく探して見てみましたが、確かに面白い。

障害者の痛々しさはまったく感じませんでした。

同時に、時代が変わりつつあることを感じました。(大げさに言えば、ですが・・・)



寝たきり芸人の「あそどっぐ」さんも笑いにチャレンジしています。

その他の様々な障害者が健常者の分野で活躍して久しいですが、濱田祐太郎さんの優勝は障害者の社会進出の歴史を変えるのではないかとすら思いました。

障害種別や活動するフィールド、ジャンルは違えど、なんだかとても勇気をもらえた気がします。

不可能って、やっぱり無いんだなって思いますね。


ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?