①
名古屋事務所の外観


タイトルにも書きましたがくらしケア住まい相談センターは、2018年3月1日付けで移転します。
愛知県江南市に事務所を置いていましたが、名古屋市千種区へと移転することになりました。

・・・って、何のことかわかりづらいですよね(汗)

以下に簡単に説明しますね。


くらしケアは元々、空き家活用の不動産業として愛知県江南市でスタートしました。

不動産を扱うには宅地建物取引業法という法律に基づき宅地建物取引業の免許を取得しなければなりませんが、開業するには事務所のある「県」に属する宅地建物取引業協会という名の協会に加盟しなければならないというルールがあります。

そして、ハトのマークの協会に加盟するために200万円近い寄付金が必要です。
私は2011年に、なけなしの開業資金のなかからこの大金を支払い愛知県江南市で事業をスタートしました。

その後、事業が進展するにつれて岐阜県内での活動が広く行われるようになり、宅地建物取引業を岐阜県に移転しようと考えましたかが、そうすると過去に支払った200万円がムダになり、岐阜県のハトのマークの協会に再び200万円の寄付金を支払って入り直さなければなりません。

移転しても出来ることは何も変わりませんし、これはさすがにもったいないので、江南市に事務所を置いたまま愛知県の協会に加入しています。

去る2月1日に名古屋市千種区で相談支援事業所(障害福祉事業)の事務所を開設しましたので、これを機に名古屋へ移転することにしました。

ということで、くらしケア住まい相談センターは3月1日付で名古屋市千種区に移転します。

【移転先】
 愛知県名古屋市千種区小松町6丁目11番地3
    OS・SKYマンション レスカール多久手201号室
     電話:052-715-7060 FAX:052-715-7062

移転に伴い、江南事務所の電話とFAXは廃止、上記番号に変更となります。



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼


くらしケア代表のブログランクはいま何位?





ということで事務所移転のお知らせでした。

くらしケアの本部は岐阜市。
名古屋は支店という位置づけです。

宅建業は事務所がどこであれ全国で仕事ができるのがメリット。ですので岐阜の皆さまにご迷惑をお掛けすることは一切ありませんのでご安心ください。

引き続きご指導ご支援賜わりたくお願いします。