くらしケアハウジングサポートは、住まいが必要な障害者の方に変わり、住まい探しから交渉、諸手続き、場合によっては代わりに借り上げて提供するまでの総合的なサービスです。 

障害が理由で部屋を借りることできない方をはじめ、収入が限られている方、仕事をしていない方、連帯保証人がいない方など、一般的な不動産業界の基準では部屋を借りることができない方の、自立生活を実現させるための居住支援サービスですが、実は部屋を見つけて入居していただくまでのプロセスが、一般的な不動産賃貸仲介の手間とは比較にならないほどの困難さがあります。

偏見と関連していますが、まず、アパートを管理する不動産会社の理解を得なければならないですし、実質的にアパートを所有する大家さんの理解も得る作業が必要です。 

家賃もできるかぎり安くて、清潔で環境の良いアパートを探すのですが、家賃はモノの値段と同じようなメカニズムで決まるので、立地が良くて新しいアパートの家賃は高くなり、立地が不便で古いアパートは安くなります。

障害者の方が自立した生活を実現させるには、ワンルームで3万円前後に抑える必要がありますが(岐阜地区の場合)レオパレスでも4万円はする地域で3万円内外で大家さんの了解を取り付けた「質の高い部屋」を見つけるのはかなりの労力を伴います。

実は安いアパートは存在しています。立地が不便で日当たりが悪く、築年数も古くて設備も旧世代のアパートを見つければ選択肢はある。そのようなアパートは家賃1万円代や2万円代前半で見つかるのですが、そうした安アパートを障害者の仲間に私は紹介する気にはとてもなれません。

また、安モノのアパートを生活保護の住宅扶助の上限ギリギリに値上げして貸すようなケースも世間では見受けられますが、人間の暮らしは住まいの良い悪しが生活の質に大きく影響していることは間違いないと考えていて、障害者を自立へとつなげていくためにも家賃の負担に不安がなく、できるだけ居心地の良い部屋、いわばバランスとれたコストパフォーマンスの良い部屋に住んでいただきたいのです。

障害がある人こそ日当たりの良い部屋で快適に、そして健康的な暮らしを実現させたいと考えています。



ブログランキング参加中!
クリックしていただけると励みになります!
▼▼▼▼▼▼

くらしケア代表のブログランクはいま何位?



そこで問題は「部屋探しにかかるコスト」と「代わりに部屋を借りるためのコスト」です。

大家さんの理解を得るための物件探しは時間も手間もかかりますからその分コストがかかります。

そして、働いていない方、保証人がいない方の場合、くらしケアがすべてのリスクを負うことで不動産管理会社や大家さんを説得して部屋を借り上げる必要がありますが、これだけの作業は仲介手数料だけではとてもまかなえないほどの手間とリスクがあるのがハウジングサポートの現実です。

私にとってくらしケアとはご利用者様やスタッフの幸せを実現するためにありますが、障害者である私自身の自己実現という側面もあります。

また、当然ながら会社経営には利益性が不可欠です。

これまでハウジングサポートは私が単独で動くことでボランティア的な料金体系で提供してきましたが、今後はそうも行かず、単体でも運営できるような料金設定をする時期に来ていると考えます。

そこで、いくらならお互いに納得感のある料金にできるのかで悩んでます。