大掃除は終わりましたか?

私は昨日今日と汗をかきながら大掃除に勤しんでおります(汗)


そんな私ですが、ニトリで良い掃除グッズを手に入れました!

ジャジャーーン!



ウインドワイパー!!!


先端にゴムがついていて、窓ガラスの水分をキレイに拭き取ってくれるらしい。。

お値段はなんと120円☆

さすがニトリ。お値段以上です。

この秘密兵器で窓ガラスを重点的に掃除する予定。

窓のそとは寒いけど、夜の紅白歌合戦を楽しみに今日も掃除をがんばります! 



さてさて。


小田真嘉さんという方が配信している「成長のヒント」というメルマガに書かれていた、大掃除に関する記事が興味深かったので、まず引用から。 (引用OKの記事です)



☆☆☆☆☆

<成長のヒント>


 この一年

 希望を持って、新しいことに挑んだり

 思い通りに行かず、つらく悔しい経験をしたり


 楽しいこと、嬉しいことも

 学びも、喜びも、幸せも、たくさんあったはず。



 職場、家庭、周りを見てみれば


 共に戦ってくれた

 戦友たちである


 モノ、グッツ、本、ツール、テキスト…

 などがたくさんあるはず。



 それらをよく見てみれば


 お役目を十分に終えたモノと

 これからも活躍してくれるモノが

 混ざっているはず。



 お役目を終えたモノには

 「今まで、お疲れ様でした

  おかげで、助かりました」

 と感謝して、別れを告げる。



 来年もお世話になる必要なモノには

 「今年も、ありがとうございました。

  来年も、ぜひ力をお貸しください」

 とお礼をして、気持ちを伝える。


 そうして

 お役目を終えたモノたちとお別れし

 再び共に戦ってくれるモノに、決意を語ることで


 空いた空間には

 来年、新たなる仲間たちが飛び込んでくる。


 そして、戦友のモノたちは

 今年以上に力を発揮し、味方してくれる。



 年末の大掃除とは


 選別の儀でもあり

 労いの宴でもあり


 卒業式でもあり

 結団式でもある。


☆☆☆☆☆

断捨離と似ていますが、お役目を終えたものに感謝の気持ちを込めてお別れすることは大事だと思います。

思うに人のキャパシティ(許容範囲や容積、人の器のような意味)には、たぶん限界があり、執着を捨ててお別れをしたりすると容量が空き、新しいものやご縁が飛び込んでくるというのはあるように思います。


実は今年、ある大きなものとお別れをしました。

お役目を終えたものは必要とする方にお譲りし、来年も使うものは新しい場所で活躍してもらいます。


わかりづらいですよね?

詳細はまた改めて発表しますので、しばらくお待ちいただけたら幸いです。


さ〜て。

大掃除をがんばります♬