お笑いコンビのウーマンラッシュアワーが、全国放送のテレビ番組で過激な漫才ネタを披露したと話題です。

私も見ましたが、政治問題を漫才に取り上げたスピード感あるネタに笑いながらも、新しい漫才を見たような気がして感動しました。



※見ていない方のためにツイッターで投稿されていたものを引用しておきます。
 動画はいずれ見れなくなるかもしれませんのでご了承ください。





北朝鮮ミサイル問題や沖縄の米軍基地問題、日米安保などの政治問題を笑いで風刺。

ウーマンラッシュアワー村本さんの出身地、福井県おおい町には大飯原発があり、おおい町の隣は高浜町、高浜原発。さらに美浜町、美浜原発。その隣は敦賀のもんじゅ。

小さい地域に原発が4基もあるという。

そして村本さんは、「福井県は北朝鮮の向かい側にある」と一気にまくし立てて、国民の意識の低さを指摘。

他方では2020年東京オリンピックに向けて新国立競技場に巨額な費用をかけるなら、仮設住宅でいまだ暮らしている東日本大震災や熊本地震の被災者の数万人を救済すべきではないかと。

あるいは沖縄の米軍基地問題見て見ぬふりになっていないかなどと批判を続ける。

オリンピックは東京で開催されるのに国民全体のイベントとして考えている。しかし、沖縄の基地問題は国の問題のハズなのに沖縄だけの問題にしているという現実。

そしてこうしたニュースよりも「議員や有名人の不倫や失態がトップニュースとして取り上げられる」この国のメディアの現状と、それを喜んで見る国民の危機意識の無さやレベルの低さをバッサリとやったわけです。

お笑いに政治問題はタブー視されてきたなか、あえてこの漫才ネタを披露したことで様々な議論が巻き起こっていますが、多くは賞賛の声が多い印象となっています

個人的には、彼らの漫才を笑いながら見るも、自分自身の意識の低さを突きつけられる、そんな漫才でした。

政治問題のように大きなテーマとまではいかなくとも、私たちを取り巻く問題、例えば障害者に対する偏見の問題や、制度の遅れなどにより、精神障害者の方が不利益を受けている制度など、障害者の置かれている問題などに対しても、当事者ではない人々の意識や関心が低いと感じることがあります。

彼らの漫才を見て、なかなか改善に結びついてない現状に、もっと本気で取り組まなければと考えさせられました。


皆さんはどう感じましたか?



maxresdefault