今日は定期レビューの日。


女性パートスタッフ2名、男性の看護所長1名、

計3名のスタッフと個別面談を行いました。


この個別面談は正式にはレビューと呼んでいて、年に最低2回は行うイベント。

正社員やパートなど役職に関わらず、スタッフ全員が役員とで直接話す機会です。


レビューでは、スタッフが普段から思っていること、会社に提案したいこと、困っていることなど、特にテーマを決めずにざっくばらんに話をします。


「テーマを決めずにざっくばらん」なので、なんでもあり。

育児の話なんかもよく出ます。


例えば、あるスタッフが育児と仕事の両立で悩んでいると分かれば、会社に何ができるかを考えるキッカケにしたり、実際に制度化したりします。

あるいは、経営者と現場の考え方のギャップに気付く機会になったり、今後の事業展開に役立つ話が飛び出したりするので、とても大切な時間です。



レビューで特に気をつけていることは場の雰囲気。

スタッフが経営者を前に話すのはやはり遠慮気味になりがちなので、できるだけ話しやすいように気をつけています。

(それでも話しにくいと感じているスタッフがいたら申し訳ないけれど・・・)



役員がスタッフの声に耳を傾け、良い提案や、スタッフのために出来ることはできる限り応えていく。

そうすることでさらに働きやすい会社になれば。


レビューはそんな機会になっています。


a27822936d57fa2b2bb5d50918716105_s
※写真はイメージです。