親なきあと問題を解決するための手段や準備は様々です。

お金の問題、財産承継の問題、健康や日常生活の問題、住まいの問題など、あらゆる問題を想定して準備をしたいところです。

しかし想像しただけでも大変ですよね?

そう簡単にはいかないものです。


ただし、これだけはやっておきたいことがあります。


「信頼できる誰かとつながっていること」

つながりさえあれば、いくつかの問題は解決できます。



そして障害当事者や家族の方が絶対につながっておきたい人は相談支援専門員です。


親身になって相談に乗ってくれる相談支援専門員がいたら、たとえ親なきあと問題が準備不足でも何とかなります。

もちろん、自分で解決に向けて取り組んでも良いのですが、相談支援専門員につながっていたほうが結果的に近道になるのでぜひ探してください。


【相談支援専門員のしごと】
 障害のある人が自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう、障害福祉サービスなどの利用計画の作成や地域生活への移行・定着に向けた支援、住宅入居等支援事業や成年後見制度利用支援事業に関する支援など、障害のある人の全般的な相談支援を行います。
  
 (WAM NETから引用)


相談支援専門員を見つけるにはお住いの市町村にある障がい福祉課に行けば紹介してくれますので、大切なお子さんの親なきあとのためにも、信頼できる相談支援専門員とつながりましょう。

そうすれば親なきあと問題の半分以上は解決したも同然です。


c5e0b8c6564f4bc38e9cacbb069027d6_s