あまり参考にならないとは思うのですが、私が禁煙に挑戦したときの記事をお届けします。
記事は2011年1月12日に書いた記事をリライトしたものです。

☆☆☆☆☆

禁煙3日目。
振り返ればこの日が最も苦しかった1日でした。


夜中に何度も目が覚めて寝不足になるし、朝から意味もなくイライラして仕事に集中できない。

(普通のイライラとはあきらかに質が違いました)

周囲にあるタバコの自販機がすぐに目に飛び込んで来るし、喫煙者の姿や香りが気になって仕方ない。

また、なぜかノドが開かず声が出ないためしゃべりづらい。
そんな辛いことばかりで良いことが何ひとつ無く、「そもそも何で禁煙する必要があるんだ?」とか「タバコでストレス解消してるのに、ストレスになってたら意味無いじゃん」とか自分に都合のいい言い訳を頭のなかで考えていました。


私はニコチンパッチは一切使用せず、気力だけで止めようとしていましたが、「もう無理かも」と、禁煙をやめようと何度も何度も思いました。

しかしもう周囲に宣言しちゃってるから今さら吸えない。
我慢することを自分に何度も何度も言い聞かせて吸いたい気持ちを抑えることに必死でした。

4日目も同じ感じで一日を過ごしましたが、5日目から少しだけ変化がありました。
吸いたい気持ちが収まり始めたのです。


でもニコチンの影響は残っているためかこの段階でも自販機が気になったり灰皿が気になったり。
吸っている人をうらやましいと思うのは相変わらず。

なんだかんだで辛い気持ちは1ヶ月くらい続きましたが徐々にニコチンが抜けていくのが実感できるようになりました。

あとで知ったのですが、僕が感じたこれらの症状は、禁煙による『ニコチン離脱症状』と言うそうで禁煙後2~3日にピークを迎え、長くても2~3週間で症状消えるそうです。 

そして1ヶ月経ったころから、以前ほどはタバコを吸いたいと思わなくなりました。


私が禁煙できた要因を考えて見ましたがやっぱり「やめる覚悟」の強さだったと思います。
禁煙途中にたくさんの誘惑があり、心が折れそうになることが何度もありました。

1日クリアしたらその1日が無駄にならないよう、次の日も確実にクリアする。
そうやって禁煙しました。


私の禁煙生活は5ヶ月目に入っています。
もう吸わなくても平気になりましたがたまに吸いたいと思うことはありますので完全に抜けたとは言い切れないかも知れません。

でも、もう大丈夫だと思います。

禁煙は3日目にヤマ場が来ます。
3日目の挫折って圧倒的に多いらしいですのでまずここをクリアすることが重要だと思います。

3日目をクリアしたら一週間、禁煙10日を目指しましょう。


ということで禁煙エピソードはこれで終わりです。

無理に禁煙をする必要は無いと思いますが、禁煙するなら絶対に吸わない覚悟して望めばできます。
なので、禁煙したい方は「周囲に宣言すること」をお勧めします。


☆☆☆☆☆

禁煙してから今日までタバコは吸っておらず、もう二度と吸いたいとは思わなくなりました。
禁煙すると太ると云いますが、私は太りました。

次にダイエットを決意して取り組むのですが、ダイエットも覚悟をすればできることを知りました。
自分で決めたことを自分の意志でやり遂げると自信が付くことを知りました。

禁煙したいと思う方、頑張ってくださいね。





◎くらしケアの公式アカウント。QRコードまたは友だち追加してね。
 病気のこと障害のこと将来のこと・・・くらしケアへLINEで直接相談できるサービスも準備中です。

ファイル 2017-10-15 午後7 46 03

友だち追加




◎看護の力で地域を変える仲間を募集中です。


◎代表へ直接のお問い合わせはこちら。


◎くらしケアのホームページです


◎代表のFacebookはこちらです。
(友達リクエスト&フォロー大歓迎。メッセージを添えてね☆)


◎Facebookページにいいねを押していただけると嬉しいです。
 くらしケアFacebookページ