be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_s



いつもありがとうございます。
くらしケアの直野です。


くらしケアでは現在、全国訪問看護事業協会の研究助成対象として、精神障害者の抱える「親亡きあと問題」に関する研究を行っています。

研究の目的は、全国9000の訪問看護ステーションに対し、精神科訪問看護領域へ関心を持ってもらいたいということと、親亡きあと問題を解決していくための手法・方法を確立することです。

研究ではアンケートを実施、たくさんのご回答をいただきました。

集計作業を通じていろんなことが分かってきたので、今日のブログはほんの少しだけ触れてみたいと思います。

普段、精神障害の方やご家族と関わらせていただくなかで、親亡きあと問題は話題に上がりますが、私はいつも「親亡きあと問題の先送り感」のようなものを感じていました。

とても切実な問題なのに「なぜだろう?」と考えていたのですが、アンケートではっきりしました。

研究中につき詳細は書けないですが、簡単に云えば「問題が重く複雑なだけに考えるのもイヤになる」とか「準備をしたところで先のことは分からない」といった思いが読み取れました。

この点についてはくらしケアであれば多くの方の悩みを解消できる仕組みが整いつつあるため、研究結果を楽しみにしていただけたらと思います。

他には「情報不足」や「相談先の確保」に課題があることも読み取れました。

最近は成年後見制度に注目が集まっていますが、この制度を悪用したり、こともあろうに弁護士や司法書士が資産を使い込むといった、信じられないニュースもあたり前に報道されているためか「ダマサれるのではないか」と不安を感じていたり、誰に相談してよいのか分からなくないといった実態も読み取れます。

私は親亡きあと問題の解決をテーマに活動していますが、結果を受けて、この大きな問題を扱う上で最も大切なのは「信用を永続的に保証すること」ではないかと再確認しました。

私はこれからの時代は信用がいままで以上に大事な価値になると考えています。

私個人の考えを会社全体で共有し、信用を最も大切な価値として位置づけて取り組んでいきたいと改めて思った次第です。

研究結果が公開できるのは来春の予定です。

ご期待ください。



◎くらしケアの公式アカウント。QRコードまたは友だち追加してね。
 病気のこと障害のこと将来のこと・・・くらしケアへLINEで直接相談できるサービスも準備中です。

ファイル 2017-10-15 午後7 46 03

友だち追加




◎看護の力で地域を変える仲間を募集中です。


◎代表へ直接のお問い合わせはこちら。


◎くらしケアのホームページです


◎代表のFacebookはこちらです。
(友達リクエスト&フォロー大歓迎。メッセージを添えてね☆)


◎Facebookページにいいねを押していただけると嬉しいです。
 くらしケアFacebookページ