16143030_1235236093224547_2181461143729326922_n


今日は職員2名の誕生日会でした。
皆んな忙しい合間をぬって1時間ほどのランチミーティング。
手作りのお弁当とケーキを並べてお祝いしました。



さてさて、
話は変わりますが、
今日は社用車のお話です。

ファイル 2017-01-24 午後11 25 07

燃費が良いミライース。
訪問看護師が訪問に使うクルマです。

分かりますか?うちの社用車には「社名」がプリントされていないことを。


ファイル 2017-01-24 午後11 24 18


プリントがない理由は、利用者(患者)様の声にお応えした結果。

社名が入ってると「訪問看護が来ています」と、ご近所に知られてしまいますよね。

それがなんとなく嫌だとおっしゃる声を聞いて社名をナシにしたのでした。

ファイル 2017-01-24 午後11 25 45

よくよく考えたらそりゃそうだよなって。

私が障がい者になった瞬間から障がい者であることを隠してきたし。

自分が障がい者であることを平気で人に言えるようになるまでに30年かかったし。

多くは障がいがあることを隠したいでしょうから当然だよなって。



実は初めて社用車を導入したときは社名が入っていたんです。

これが証拠写真。


12924404_1678071905790808_5747951110325958013_n



当時2016年3月くらいだったかなぁ。
看板業者さんにお願いして納車と同時に貼ってもらったんです。


12670946_1675191656078833_5636481175424439426_n



一般的に社用車には社名を入れるのがあたり前だと思っていたのですが、ご利用者様が「いかにも訪問看護や介護が入ってるように近所に見られたら困る」という声を聞いて、すぐに剥がしたんです。


このとき決めたのです。うちは社名や事業所がわからないクルマで訪問しようと。



また、先のランチミーティングの写真をもう一度ご覧いただきたいのですが、職員は全員私服。手当を支給する代わりに制服は支給していません。

これも理由は社用車と同じで「いかにも訪問・・・」とわかるような制服を着て訪問されたくないという声がご利用者様より挙がったからなんです。

ですのでウチはできるだけ地域に自然に溶け込むよう会社のロゴや制服はナシにしています。

そのおかげか、いまでは「安心して利用できる」と好評を頂いています。

以上「くらしケアの思いやり」のご紹介でした。





ご相談はこちらからお気軽に。
電話:058−214−6591(平日9時〜18時まで)
メール:info@kurashicare.com(24時間受け付け)